ツイッターで製品とサービスについて学ぶ人たち。

Twitterが把握できるアメリカのユーザーの数は、一年前の26%から上昇し、2010年に87%まで急増しました。
ソーシャルネットワークは、アメリカ人のための主流になりました。一年前の34%と比較して、48%のユーザーは、彼らが最低1つのソーシャルネットワーキングサイトで生活を維持すると言います。
約42%の活発なTwitterユーザーは彼らが製品とサービスについて学ぶためにTwitterを使うと言います。そして、41%は彼らが製品とサービスに関する意見を寄贈すると言います。

アメリカでは、Twitterは、生活の情報を得るため重要なメディアになっています。果たして、日本人もアメリカ人同様にソーシャルメディアがアメリカのように浸透するのでしょうか?僕たちのようなブロガーは、ブログを通してコミニケーションをTwitterで行います。チャット的にTwitterを利用している人とは、目的も異なります。しかし、誤字脱字があるとTwitterの僕のフォロワーから指摘を受けることもあります。ブログを更新することやソーシャルメディアをビジネスで活用する人間としては、気の抜けないメディアであることは確かです。だからといってもTweetをしない訳ではありません。
アメリカでは多くの人がブロンド力でモノを買わない。買うのは、信頼できるフレンド(ソーシャルメディアのフォロー関係者)の紹介でモノを買うそうです!

日本のソーシャルメディア・ランドスケープ
Twitter Catches Up With Facebook in Awareness

Related posts

Leave a Comment