おいおいYouTube・Hulu・アメアイ・RihannaさらにTwitterの話。


僕は昨夜、アメリカン アイドルでまた感動の涙を流してしまいました。

そして、今夜は、その9名の出場者から1が脱落するオーディション番組のゲストにリアーナが登場します。9名の中から1名の脱落者を決定するのは、アメリカの視聴者です。もちろん、日本では、日本語のサブタイトルの作成のために時差をおいて、日本では放映されるので、僕は結果の知っているのです。多くの海外のTwitterユーザーがその結果についてのつぶやきを発信します。
もう、日本語にするためにFOX TVも時差をつけるのに僕は反対です。それほどインターネットの世界は、リアルタイムの情報に刺激を受けているのです。言い換えれば、サブタイトルを日本語にする効果よりアメリカの高視聴率番組のオーディションの審査をする視聴者のリアルタイム感覚の方が、価値があるようにも感じるのです。僕は、この番組だけは、TVにかぶりつきになります。もう何年もTVにかぶりつきになることもなかったような気もします。HDDやDVDに録画するのでは意味がないのです。Twitterの情報を共有するということは、リアルな時間の共有が今の私たちには、一番刺激的なことなのではないでしょうか?

そして、TVが、行えない世界の誰もが、映像の発信になれる動画配信は、ソーシャルメディアの宝と言ってもいいと僕は思います。そして、以下にビデオについての調査記事を紹介します。

おいおいYouTube・Hulu

2月の281億からの11.0%、約312億のビデオは2010年3月に米国のインターネット利用者に届けられました。
そして、comScoreデータによって、前月の1億7420万からの3.4%が、1億8020万人は月の間にオンラインビデオを中で見られました。
前月の83.1%からの2.0%上で、全米インターネット観衆の約84.8%は3月にオンラインビデオを見ました。そして、視聴者は月の間に平均173台のビデオを見ました。
YouTubeは3月に129億台のビデオを1億3530万人以上の視聴者に届けました。そして、前月の89.5台のビデオからの6.8%の上で、ビューアーにつき平均95.6台のビデオで4人のオンラインテレビ視聴者のうちの3人に達しました。
一方、Hulu視聴者は、ビューアーにつきビデオのmonth―2.6時間につき、26.7台のビデオの平均で見られました。

Googleは最高のランクを付けられたビデオのプロパティとしてその位置を維持しました。そして、131億台のビデオを届けて、見られるビデオの41.8%を占めました。YouTubeは、Googleサイトで見られる大多数のビデオを説明しました。
第2位にランクされて、Huluは11億台のビデオを届けて見られるすべてのビデオの3.4%を占めました。そして、届けられる2.1%の株式と6億5500万台のビデオで、マイクロソフトサイツと、届けられる1.5%の株式と4億7800万台のビデオで、ヤフーサイトが続きました。

Online Video Viewing Up 11% in March

Related posts