ソーシャルメディアをマケッターは、どのように評価しているのでしょうか?

「ソーシャルメディアをマケッターは、どのように評価しているのか?」アメリカの状況は、2006年から現在に関して飛躍的な評価を得ています。日本の少なくても近い将来のマーケッターの重要なツールにソーシャルメディアが利用さされることになるでしょう。
Paul Gillinの記事は、とても興味深い記事でした。

ソーシャルメディアツールに対する満足感について、私はB to Bで55人のマーケターを調査しました。彼らはメディア景色がどのように変わったかについて、いくらかの面白い洞察を与えます。

回答者は、2006年に、彼らの会社が1つ未満のソーシャルメディアプラットフォームの平均を使ってました。昨年までには、平均は8以上に拡大されました。
満足感評価は、等しく面白かったです。
55人の回答者のうち46がいくぶん、または、非常にポジティブであると評価しました。
2人は彼らが否定的な彼らのソーシャルメディア投資に関してROIを認めると言いました。


via:A Completely Unscientific (Yet Accurate) Look at Social Sites

オンラインメディアは、この方程式を放りました。成功は、非常に特定の話題について意味がある会話を確立する能力によって定義されます。品質は量を置き換えます。そして、関係はメッセージに代わります。
彼らが正反対をすることにそれほど多くの年を費やしたので、多くのマーケターはこれを握るのに苦労しています。彼らは、新しいチャンネルを同じ古いメッセージのもう一人の多勢の読者を造る方法とみなします。彼らは、名誉の象徴として、彼らのTwitter支持者数を着ます。彼らは要点をとらえそこないます。
Putting the ‘social’ in social media

Related posts

Leave a Comment