これこそがソーシャルメディア!ペプシコ:デミムーアとアシュトン。


いつも、この年齢差のあるカップ、デミムーアとアシュトン・カッチャーは、Twitter のつぶやきは、互いの、惚気と二人のSEX 話ばかりでした。夫婦なのに互いにTwitter で会話するのを不思議に思っていました。

ここに僕は、ソーシャルメディアの本来の需要な価値を感じます!
そして、僕は,この二人とペプシのソーシャルメディアの参加のスタイルに賛美を贈ります!

アシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)とデミムーア(Demi Moore)は、「restavec」システムを禁止するために社会的で世界的な運動を開始しました

restavecとは、フランス語でハイチの子どもたちの奴隷制度のことらしいのです。
デミムーアの語るYouTubeでは、音声文字変化システムが利用できます。翻訳システムでは、少し理解しづらい日本語かも知れませんが、YouTubeのフレームの下側の赤いCCボタンからお好みの言語で、このペプシコのYouTubeを御覧ください。YouTubeのロゴをダブルククリックして、HOMEで見てください。

我々の会話の重要なテーマのうちの1つは、これが解決するのが不可能な問題でないということでした。病気(それは病気の種類と科学的な問題の国に本当に依存することができます)を治療することと違って、奴隷制度は全く人間行動に依存しています。このように、問題の解決は、導かれます。「あなた自身として汝の隣人を愛してください。」奴隷制度とrestovec(ハイチの子供の奴隷)がそうである子供たち到達不能なゴール。

要請は単純です!人々にハイチで起こっていることについて話してください。そして、ハイチの政府に児童奴隷を終えさせる力がある議員に接触しようとしてください。デミとアシュトンは、来週の国連会議(彼らは、彼らのFacebook、彼らのTwitter アカウントと彼らの基盤のウェブサイトに彼らのリストをすぐに掲示します)に出席している議員に@replyにTwitterを使う誰でも励ましています。彼らはつぶやきに合わせてオバマ大統領に連絡します。彼らは、とりわけ、うなりを生み出して、restovecのまわりで大きい会話を始めて、前にそこになかった認識の新しいレベルを持ってくることを望みます。

僕らもこの運動に参加しないでいいのでしょうか?僕らに彼らの後を追うことは出来ないのでしょうか?
日本の政治家にもハイチに抗議をするよう働きかけてください!

Pepsi Refresh Project Demi Moore for GEMS (Girls Educational & Mentoring Services)

Website: DemiAndAshton.Org
Twitter: @dnafoundation
Facebook: Demi & Ashton Foundation

Related posts

2 thoughts on “これこそがソーシャルメディア!ペプシコ:デミムーアとアシュトン。

  1. […] チの子どもたちの奴隷制度のことらしいのです。詳細は、これこそがソーシャルメディア!ペプシコ:デミムーアとアシュトン。で紹介しています。 セレブのアシュトン・カッチャー(A […]

  2. […] これこそがソーシャルメディア!ペプシコ:デミムーアとアシュトンで紹介したペプシのアプローチは、ROIの高い規格となるでしょう?パブリシティ効果の高いソーシャルメデイアとな […]