WEB2.0は、中国のTwitterユーザーがTOYOTAをコミットする!


僕のGoogle Buzz、Twitterのフォロワーの中国人はいます。もちろん、僕にはイメージしか理解できません。Google Buzzでは、中古人のポップアーティトです。もし、中国人でなく北朝鮮人でしたら僕は、北朝鮮政府からスパイとして、マークされるかも知れませんね?
In Chinese, Twitter Actually Means “Blog”からご紹介します!

Twitterは中国で禁止されたままです。しかし、中国国民はTwitterの活動を止めませんでした。
中国政府が介入出来ない他の外国のWEB2.0サービスと同様で、中国の力強いウェブセクターは国内の選択肢をつくりました。

CIC Dataからのこのグラフは、彼らがTOYOTA代表取締役豊田彰夫に関連した問題を告げるために1日に40%が支那のマイクロブログから来たことを示します。

上記の記述を読んで、僕はTOYOTAのファンではないが、「中国人に言われたくないよ!!」と感じてしまいました。

これがかなりのボリューム(影響でない)であることに注意すべきです。特定のブログまたはフォーラムの上のより多くの影響を持ったでしょう。しかし、それはマイクロブログが最初のニュースイベントのために中国が重要性で成長していることを示します。

140文字の下記画像(上)の英文と114文字でPOSTされている中国のマイクロブログ


In Chinese, Twitter Actually Means “Blog”

Related posts

One thought on “WEB2.0は、中国のTwitterユーザーがTOYOTAをコミットする!

  1. どうなっている最近のソーシャルディアの動向は?:WEB DREAM記事の一覧 « Twitter論zaizen09's Blog

    […] WEB2.0は、中国のTwitterユーザーがTOYOTAをコミットする! » 僕のGoogle Buzz、Twitterのフォロワーの中国人はいます。もちろん、僕にはイメージしか理解できません。Google Buzzでは、中古人の […]