ビジネスユーザーのソーシャルメディアとブログの関係

ビジネスユーザーのソーシャルメディアとブログの関係

TwitterとFacebookのようなソーシャルメディアウェブサイトは、ますます、彼らのオンラインマーケティング戦略を拡大するためにビジネスにより用いられて、彼らの製品と戦略を広告しました。
レポートは、企業が最終的に前進していて、これらの新しいマーケティング技術によって利益を得ていることを示しました。
ソーシャルメディアとブログが彼らの公的な関係戦略に媒体サイズの企業に小さなより多くによって取り入れられることはより一般的になりました。そして、新しい顧客を引きつけました。

これらのソーシャルマスコミサイトで、期待を持って新しいものを引きつける間も、例えば、ますます人気があるTwitterとFacebookは企業が彼らの製品とブランドを得ることにより簡単な経路を持つことを意味します。
鍵となる知識を示している会社のウェブサイトの洞察に満ちたポストによる活発なブログは、通常、より取引する傾向があります。ところが、ソーシャルメディアは、アウトレットを表示に提供するのに用いられます。
つぶやいてください!そして、サイトが知的な方法として会社/産業について語るのを見られて、定期的に更新されたブログを加えソーシャルディアは企業に素晴らしい効果をもたらせます。

リアルな情報共有が行えるブログの演出
つまり、ソーシャルメディアを利用する企業は、ブログでの情報の提供常に更新する必要がある。
例えば、Twitter上のその企業に関わるとトピックスについてブログでコミニケーションする必要がある。
加えて、リアルなトピックスが流れるTwitterでは、リアルな情報共有が行えるブログの演出も必要となる。

More Businesses turning to Social Media

Twitter による顧客とのコミュニケーション方法を分類
Twitter による顧客とのコミュニケーション方法を分類する
Twitter アカウントによる顧客コミュニケーションは、次のような3つのタイプに分類できる。

(A)オープン交流型
顧客と対話する際にオープンメッセージ機能(@で相手先を指定するが Tweet は全フォロワーに公開される)を用いるタイプ。フォローしたユーザーに対してフォロー返しはしないのが特徴である。

(B)マルチ交流型
顧客と対話する際にオープンメッセージ機能とダイレクトメッセージ機能(Dで相手を指定すると、Tweet は指定された相手にだけ閲覧可能となる。以下 DM 機能と略)をケースによって使い分けてコミュニケーションするタイプ。DM 機能は、個別商談や注文、また強いクレームなどに活用する場合が多い。ただし DM 機能は双方向にフォローしあっているユーザー同志でしか利用できないため、フォロー返しする必要がある。

(C)一斉配信型
基本的に顧客とはコミュニケーションせず、情報を一方通行で配信するタイプだ。配信情報としては Tweet ごとに異なる ID を付与したクーポンなど高度なものも増えている。このタイプもフォロー返しをしない。中にはフォローしているユーザーがゼロのアカウントも見受けられる。

【成功事例に学ぼう】企業 Twitter アカウントはフォロー返しをするべきか?
Twitter企業アカウント一覧:企業向けサービス

Related posts

Leave a Comment