ソーシャルメディアCRMレポート

「お客様は常に正しい」、顧客と会社の関係は長く組織されました。しかし、会社が完全にこの関係をコントロールする能力は、消えました。
今月始めリリースされるAltimeterグループ(レポートソーシャルCRM:Relationship Management)からのニュールールは、会社と組織が変わっている領域を理解するのことに役立ちます。レポートは、会社がソーシャルCRMプロジェクトを彼らの採用することができる完全なフレームワークを提供します。

ソーシャルテクノロジーの研究に基づいて、レポートはソーシャルCRMの努力のためのエントリポイントとして用いられる18の事件をリストします。これらは、ソーシャルな顧客洞察(Facebookのようなソーシャルマスコミサイトを通して、顧客の好みを追う)、急速なソーシャルマーケティング反応(リアルタイムにブランドを擁護する)の研究開発(革新を強化するために、リアルタイムフィードバックを引き出す)を含みます。

このレポート(スライド)はその市場要求と技術成熟によって数々の事件を評価します。そして、組織がどちらが彼らのソーシャルCRMを努力のために最も好都合で適当なエントリポイントであるかもしれないかについて見るのを援助します。それも見ているためにベンダーをリストします。そして、組織が速くソーシャルテクノロジーを変える世界で顧客データと顧客会話を追うのを援助するための一つのツールも現在ないと指摘します。

FacebookでもTwitterでも同様にCRMをどう行っていくかと言うテーマは企業には必要なマーケティングであることは間違いない。しかし、現実日本の状況としては、ソーシャルメディアのユーザも企業もに慣れてないのが、日本の企業の多くのネックではないだろうか?でが、ソーシャルメディアの成熟を待っていては、当然企業ブランディング競争から追いやられるではないだろうか?ソーシャルメディアへの参加へのリスク・参加しないリスクがある。どちらのリスクを軽減さされるべきかは、現実を直視すれば、おのずと理解できるどろう!

Related posts

Leave a Comment