TVを観ながらソーシャルメディアメディアを利用する人達!

TVを観ながらソーシャルメディアメディアを利用する習慣は、アメリカ人だけかな?
アメリカのNielsenwireと言うサイトが面白い調査結果を報告しました。そして、僕の感覚だと数値は異なれ日本人も同様の傾向はあるのではないかと思われます。

アメリカ人は、主なテレビイベントの間に10%以上の視聴者は、オンライン化する習慣がついています。つまりアメリカ人はテレビを観ながらソーシャルネットワークにしていることいこです。

アメメリカTVの視聴率の29%のうちの13%とは、とてつもない数字ではないでしょうか?
最近、米の29%が3月7日にアカデミー賞の視聴者の13%以上は同時にウェブで時間を過ごしました。2009年の視聴率オスカーは25.6%。、そして、8.7%は同時にウェブをサーフィンしました。テレビを見ていて、ウェブをサーフィンしている人々のかなりのパーセンテージはFacebook、GoogleまたはYahoo!を訪問しました。そして、今年のスーパーボウルでもその傾向はあきらです。

このようなデーターは、日本のTwitterのユーザーでもよく見受けられます。実際私もTVのCMの間にTwitterを利用することは、しばしあります。ピーチクというTVを観がなTwitterを利用するサービスも日本ではあります。また、オリンピックやサッカー中継などを観ながら、つぶやいているTwitterユーザーも少なくありませんでした。

ここで一言
あまりのリアルタイムなTLで気になるスポーツゲームなどを録画がして、後で、観ようとしたりゴルフなどは、その録画を見る前にソーシャルメディア上で結果が分かってしまう欠点もあります。

Related posts

One thought on “TVを観ながらソーシャルメディアメディアを利用する人達!

  1. […] メディアは,別の国」と表現するのも納得出来ない。 それは、”TVを観ながらソーシャルメディアメディアを利用する人達!”での調査結果のようにTVとソーシャルメディアを使い分けて […]