ソーシャルインタラクション:Twitterのネットワークが、未熟なのかも

このスライドは、BrynnによりSXSW2010ミーテイングで発表されました。彼女は、検索作業の間、ソーシャルインタラクション( 相互作用)を研究していました。質問としてでなく、あなたの友人があなたを助けることができるかもしれない方法。検索する方法を考えてください。まあ「どのように、あなたはGREの上で110を解釈しますか?」、これはより良い友人への質問であるかもしれません。

検索は、時間とともにあなたは時間内の経路を旅行して、その経路に沿って、いつでも友人を利用することができます。
3つの異なったタイプ以外の社会的な検索の唯一の定義が、ありません。
1、集団(群衆からの次第につのるアドバイス)
2、あなたの友人を利用すること
3、共同(TwitterによるRTなど)

どのように、人々は彼らの友人と交流したいですか?正反対は、2つのタイプとしてこのインタラクションのために設計するのが難しいです。

1、ネットワークを尋ねてください
2、単独で乗り込んでください

ソーシャルサーチとは?
僕のこのスライドからの解釈は、ソーシャルサーチとは?「オーソリティの変化」と「コンテンツの量、種類の増加」によりGoogleなどで検索して何かを得るのではなくなった。言葉の意味もトレンドも日々変化するなか例えGoogleリアルタイム検索・パーソナル検索であってもとてもソーシャルサーチとは言えないのではないか?
僕はtwitterサーチの利用をススメます!

ソーシャルネッワークに尋ねる。
つまり、ソーシャルサーチとは、ソーシャルネッワーク上で行えるのではないか?ここで言うフレンドとは、Twitterで言えばフォロワーなのでしょう!自分のネットワークを利用することが重要だと言うことかも知れません。
勇気を持ってTwitterでもFacebookでもユ-ザーは、自分の友達に疑問を尋ねることが必要なことを感じました。また逆にもしあなたが何かも疑問を感じたり調べたい事柄の質問に対して応えが返ってこないのであれば、あなたは、その自分のソーシャルネットワークについて考えうべきなのです。つまり、あなたのTwitterのネットワークが、未熟だとも言えるかも知れません。もちろん、進化させればいいことです。

そして、このスライドで彼女はとても難しい問題を問いかけているようにも感じました。

Live Blogging SXSW: Social Search, A Little Help From My Friends

Related posts

Leave a Comment