ハッキングされた不都合な真実の虚偽


IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change)とは、気候変動に関する政府間パネルのこである。いわゆる地球温暖化による問題は、誰もが危惧していることだ。しかし、このIPCCの研究員がIPCCに送ったメールをハッキングされてネット上に流れた事件を日本では、殆ど報道されていない。そして、そのメールは、地球温暖化のデータは、虚偽であり、その事実がないと言うことである。

I’ve just completed Mike’s Nature trick of adding in the real temps to each series for the last 20 years (ie from 1981 onwards) amd from 1961 for Keith’s to hide the decline.”
温暖化の低下を隠す虚偽の内容を伝えたメール
私は、ちょうど今キースのもののための1961からの最後の20年(すなわち前方へ1981年から)のamdが低下を隠すために各々のシリーズに本当の臨時職員で加わるマイクのネイチャーを完了しました。

“Mike’s Nature trick … to hide the decline.”

そして、この15年間温暖化にはなっていないとこのIPCCのこの研究者は告たらしい!

この手の話題は、専門的サイトには多く蔓延る。例えば武田邦彦 (中部大学): ウソが続くIPCCなどがある。

ClimateGate – global warming hoax:ハッキングされたEメールのNEWS

気候変動がなければ、鳩山総理の20%の縮減やエコバックを持っている人達はどうするのでしょうか?
この話題を僕が知ったのは、東京では放映されない”たかじんのそこまで言って委員会”で僕は知った。
そして、日本はもし温暖化になっても周囲が海に囲まれているからそれほどの被害は受けないと言うことも知った。
一番問題は中国やアメリカなどである。

Related posts