ソーシャルメディアでは、我々はすべてのブランドマネージャーです!


企業がソーシャルメディアに参加したり、僕たちがTwitterでつぶやくことの責任を感じされる記事に読みました。
Brian Solisの記事を一部抜粋しました。僕自身も哲学を持ってこのソーシャルメディアに参加する必要性を強く感じました。

おそらく、受け入れるソーシャルメディアで最も難しい面は、我々のふるまいにおける変更とそれが消費者向けハートです。心と市場で関連と最後に傑出をかせぐために必要とするのは全体的な哲学です。

簡単に言えば、ソーシャルメディアは我々を弱くして、公式に、無敵の幻想によって装着される認められた支配の時代を終えます。

我々は我々が知っていて、評価すると思ったすべては、今、緊急に再評価の必要があります。我々は、我々がソーシャルウェブの一般のスポットライトとバックチャンネルで声に出した感情に影響を受ける時です。我々が我々に触れることができて、触れなければならなくて聞いていて、見て、述べること。

真実を伝える責任がある。
企業は、現在同様に有益な製品とサービスを提供しないこと、心に訴えて、個人化されて、熱望的な経験に対して責任があります。真実を伝える責任がある。

ソーシャルメディアでは、我々はすべてのブランドマネージャーです!
ブランド背丈を評価して、計って、定めるプロセスは、かつてブランドマネージャー。専門家またはチームへ追いやられて、メッセージと人物を補強するようになっている活動のトップダウンプロセスまでに形づくられました。現在しかし、ブランドは、個々に、そして、集団で、それを代表している各々の人の直接的な責任です。我々がstatusphereとブロゴスフィアに棲息させる活動を聞くとき、我々は全体的なブランドに加えて、会話がビジネス基盤を定める個々の部門に特に位置するとわかります。そして、それは最終的にブランド背丈と響きをサポートします。次に、これらの活動は、直接焦点化されたインタラクションを通しての、または、間接的に製品改良、適合と全体的なメッセージ発信を通しての即時で長期の反応も、ターゲティングもと位置決めも示唆します。

全くより意味がある方向にビジネスを動かすためにテーマと傾向を評価もして、受け入れもする本当の個々の代表は異なった約束と貢献を通してブランド価値と認識の総体的な宝庫に貢献します。

参考記事:The Evolution of A New Trust Economy

The Brand Dashboard: A Window to Relevanceより

Related posts