”Twitterでニュースを流すな!”社内支持をしたロイター


ロイターはソーシャルメディの使用方針を発表しました。そして、それはジャーナリストに偏りをオンラインで露出させることを避けるように命じるている。
それは、別々のアカウントで専門で個人的な活動を切り離すこと。
ソーシャルメディア方針はまた、いくつかの他のTwitter、Facebookとオンライン懸念に対処します。

Twitterが報道メディアに変わることはない
つまり、報道メディアの価値を守るための方策でもあるのでしょうか?Twitterが報道メディアに変わることはないと僕は思います。何故なら情報の真意を検証出来る時間も手段もTwitter利用者の殆どには、その能力を有していません。もちろん、事件に遭遇した方や当事者の刺激的なつぶやきを得ることはありません。しかし、それは希なことです。Twitterで多くの人間がジャーナリスト敵になるのは危険です。これは、僕の考え方です。そべてのTwitterの情報には、井戸端会議と同じろうな情報の信頼度が掛けるものが少なくないからです。

メディア組織がソーシャルメディアを使用する励みになる従業員と彼らのスタッフのオンライン作用が彼らを危険にさらされているようにしたという実感の間で選択に迷って、方針は全体として魅力的な読むことで、そのロイターを露出させます。そして、不正使用されるならば、感情はこれらのツールがそうすることができるコメントにおいて表しました。そして、「偏りまたは我々のブランドからの独立と解放という我々の苦労して手に入れた評判を脅かす。」

ロイターがニュース鎖の上に彼らの関連と位置を維持する?
面白いことにソーシャルメディアが従来のニュースが回転することに対する脅威を。そして、ブログが最初に浮上したとき、ジャーナリズムの概念を見ているという考えです。他の報道機関(評判のよい)がTwitterの上で物語を壊して、ソーシャルメディアの使用さえ命令し続けて、ロイターがニュース鎖の上に彼らの関連と位置を維持することができるかどうかについて見ることが面白いです。

参考:Reuters to Journalists: Don’t Break News on Twitter

Related posts