検索サイト人気にわずか動き!Google検索・複数単語検索


検索サイトの人気に動きがある。
今年の1月から2月の検索サイト利用度は、Microsoft’s Bingが、4%の上昇。そして、僕も以前使用していたASKが8%と新規を得ている。ASK(基本ベースはGoogle検索)は、Firefoxのエクテンションからの人気を得ているのではないか?そして、僕は、ブラウザに検索サイトをその人気は依存するようにも思える。ソーシャルメディアの人気で検索サイト価値は低下してもなくては困るサービスでもある。

くわえて、Googleは、-1%となっているが、その70.95%は、ほぼ独占の域ではないだろうか?そして、INDEXの変更を告げた時代お呉の検索システムのYahoo!Japanは、”Yahoo!検索 Index Update”でこのGoogle検索の世界征服に対抗出来るのか?

検索ワードのトレンドを知ることがSEO対策には必要では!
検索時に複数のキーワードを入力する方がGoogle検索では、すばやく目的のサイトにたどり着ける。それに対応したサイトのキワード設定は、当然必要になる。
1単語が、28%・2単語が、22.8%・3単語が、20.46%となっている。以下は、下記表を各にしてください。

資料:Bing Search Share Up Third Straight Month

Related posts