オンライン・マーケティング・サミットレポート:ソーシャルメディア


E-Consultancyの最近の調査で、オンライン・マーケティング・サミットに関連して、大部分の企業がソーシャルメディアでまだ実験しているだけのことが明らかになりました。これを考慮して、大きくて成功したブランドが彼ら自身の戦略でソーシャルメディアを使用する方法に注意を払う価値があるようです。そして、この調査のレポートの一部を紹介します。
Social Media Lessons from the Big Brands: Intuit Edition

ソーシャルメディアが信じられないほど役に立つ1人は、Intuit(人気がある財政的なソフトウェアのメーカー)です。消費者団体のためのデジタルマーケテイングは、「企業努力がソーシャルメディアでどれくらい効果的をもたらすか?」という問に答えました。

Intuitでソーシャルメディアの戦略
Intuitにはソーシャルメディア戦略は、会社すべて従業員が参加します。通信からマーケティング・製品人々までの全てです。

Intuitは、MySpace・LinkedIn・Twitter・Facebook(YouTubeを含め)の広告に関して活発に参加します。彼らが最もネットワークに集中するかどうか尋ねられるとき、グリーンバーグは言いました。「現在では、TwitterとFacebookを50%以上の顧客がそれを使う。Twitterは、質問に関する顧客と透明なリアルタイム関わりにコメントをします。両方のネットワークを通って、我々はタイムリーで、価値ある情報を消費者に提供することができます。」

E-Consultancyの最近の調査
ソーシャルメディアからROIは難しく、多くはWEBサイトのアクセスUPのために
大多数の企業は、ソーシャルメディアからROI(費用対効果)を測定するのに苦労します。回答者(61%)のほぼ3分の2は、彼らの組織がROI測定で「劣っている」(34%)か「非常に貧しい」(27%)と答えています。
企業の4分の3(74%)は、彼らが自己のWEBサイトのトラフィックを増やすためにソーシャルメディアを使用すると答えてます。

ブランド力の強化
ソーシャルメディアによるブランド認知(64%)重要なビジネス目的と答えています。類似した一部の回答者(62%)は、より良いブランド評判をあげます。

Related posts