ソーシャルメディアが他のメディアを墓場送り!


ソーシャルメディアの世界的人気は、他のメディアを墓場に送り込みます。
まず、Yahoo!などのポータルサイトは、アメリカではすでにFacebookの人気の方が高い状況です。MSNとYahoo!が一つになってもあまり興味を示す人はいないでしょう?更に紙メディア(新聞・出版)は、同様のことでしょう。もちろん、これらには、タブレットの影響に関わるのですが、ニュースを新聞で知るよりもそソーシャルメディア経由で知る人のほうが日本でも多くなるだろう!

そして、TVもただのスクリンセーバーが流れているようなものです。希に面白い番組があると盛り上がったドラマなどに興ざめするようなCFが流れます。休日、PCから離れてTVを観ようとしても、観たい番組はCATVを含めてもありませんでした。ただCNNを観ていだけです。日本の報道番組のテーマはどの局も同じよなもので、それも短時間の情報操作を視聴者に行っているようです。彼らは、キャピタルゲインで設けよとして世界破綻させた人々に続くこの世界に害は合ってもなんの必要性もないのがTVの報道メディアです。

5%が、ソーシャルネットメディアを介して情報得ている
以下の記事は、MashableSocial Networks Play a Major Part in How We Get News [STATS]引用です。
Pewインターネットからの最新の研究は、2,259人の大人のサンプルに基づいた研究でニュースをオンラインで使用する人々の75%が、ソーシャルネットワーキングサイト通して情報得ている。そして、彼ら52%の半分はソーシャルメディアをニュースを取得する手段として利用している。

調査も極めて少ない人々の7%が一つのメディアプラットフォームから情報を得ていることを示します。実際、ほぼ半分のアメリカ人の46%は、彼らが日に4からの6つのメディアプラットフォームでニュースを得ています。そして、テレビがまだ最大のニュース78%のアメリカ人は、彼らが地元のテレビ局からのニュースを得えます。インターネットは61%のユーザーは、ニュースをオンラインようにします十分に面白いことに、比較的少ない人々である17% ニュースを全国紙(例えばニューヨークタイムズまたはUSAトゥデー)で読んだと主張している。

37%はニュースの創造に貢献した
また、興味を起こさせることはニュースとの彼らの関係に従うニュース消費者の間の境界です。33パーセントの携帯電話のオーナーは現在彼らの電話に関するニュースにアクセスします。そして、28%の使用はニュースを個人化しました。そして、彼らが彼らが選んだソースからのニュースを含むカスタマイズされたページを持っていることを意味します。おそらく最も重大なニュース消費者は、今日もニュースの作成に参加します。37%はニュースの創造に貢献したか、ニュースについてコメントしたか、ソーシャルメディアサイト(例えばFacebookまたはTwitter)を通して、それを共有しました。

モバイルのソーシャルメディア利用も増加しています。
Facebookが112%・Twitterが347%は増加しています。
自分の空いた時間、つまり通勤中などでも何処にいてもソーシャルメディアでNEWSを受信することも出来る。また、電車が事故などで不通になっている情報などモバイルからリアルタイムなNEWSを発信するTwitterユーザーなどもいる。これは、今までのメディアでは、なかなかでなかったことではないでしょうか?

Mobile Social Networking Surges

Related posts