iPhone Appが異常な対応!


ちょっとAppleの考え方がわかりません。iPhoneでは、撮影した写真は、GPS機能によりデフォルトでは、画像データーをTwitterなどにUPした時、その写真を撮影した位置情報が表示されます。なのにiPhoneアプリには、その機能が利用出来ないのです。
そして、セカイカメラもダウンロードができなくなっているらしい。

セカイカメラなど、クウジットが提供する位置検出技術「PlaceEngine」を利用したiPhoneアプリが3月4日、App Storeでダウンロードできなくなっている。Appleの審査基準が変更された可能性がある。

iPhone Developersニュースサイトへの最近のポストにおいて、アップルは開発者に彼らのアプリで場所に特有の広告に供給するために場所データを使わないよう警告しました。

しかし、「あなたのアプリの移動広告主はユーザーの場所に基づく目標とされた広告を届けることができるために場所情報の基礎を形成しました。それがApp Storeに阻止される。あなたのアプリは修正のためにApp Store Review Teamによってあなたに返されます。」と、同社が警告します。
アップルは、原則として場所に基づく目標とされた広告に反対のように見えません。特にiTunesによって購入の特定の場所で現在歌またはビデオを再生している提供に関して、それは場所に基づく目標とされた広告の特許をファイルしました。

それは、アップルが単にデータが使われる方法について保証なしで、特に許可なしで、第三者にiPhoneユーザーの場所データを伝えることを避けることを望むだけであるということかもしれません。しかし、また、アップルがクアトロWireless.のその最近の獲得に基づくそれ自身の場所に拠点を置く広告サービスを予定しているかもしれないことは、理にかなっています。しかし、すべてそのデータを独り占めすることにアップルの不公平感を感じます。

Apple tells devs that location-based advertising is a no-no

Related posts

One thought on “iPhone Appが異常な対応!

  1. レコメンド強調フイルタリングシステム的ネットビジネスアプローチ | Net Junkie

    […] iPhone Appが異常な対応! […]