”うつ”それは、生きるための必要な時間。


僕は。2年前、交通事故で視力を失った時、ステロイド・パルス治療を行いました。短期間に大量のステロイドを投与する治療です。ステロイドの副作用は、胃や血圧、そして精神に及びます。突然の視力を失う精神的ダメージに加えてステロイドの効力は、僕の心をうつにさせました。そして、数カ月生きることの意味を見出せませんでした。

今は、右目は、見えませんが、生活するのに殆ど問題はありません。しかし、来週からまた新しい治療が始まります。
ソーシャルメディアでは、あまり不要な話題かも知れませんが、僕には、多くの人に知って欲しい情報の一つがこのテーマです。
人間は死ぬために時間の中を生きています。多くの人が自分の人生の先が見えたときにうつ状態になるそうです。僕の医師は、誰でも自分では対応出来ない問題に遭遇した時に起こる症状だと言いていました。

そして、うつになるは、精神が強化された人間が次のステージに上がる直前のステージのように僕は感じます。
優しい家族の対応。目が不自由で歩行する時に時として知らない人に助けら時、y人の温かさを感じます、それらの支援により僕の心は開いてくれたのだと僕は思っています。人間は、独りでは生きていけないこと、ほんの希にでも人の優しさに助けられた感動があるから生きて行けるのでしょう。

妻僕に言いました。21歳の大学を卒業したばかりのフィリピン人の妻は、「明日は今日と違う明日が来るんだよ!」その言葉が眠れない僕を救ってくれました。

The Evolutionary Reason for DepressionはマシュブルのJennifer Van GroveのRSSリーダーの共有からたどり着いた記事でした。

精神的な落ち込みは進化の目的があるならば、それは確かに明らかでありません。2人の進化の心理学者は、落ち込みの目的が強化された精神的な技術であると推理します。悲しみは脳の注意を対立に集中させて、あなたを決定を果たすためによりよく機能します。

DepressionのUpsideと表題をつけられる魅力的なニューヨークタイムズ雑誌記事は、腹外側前頭葉前部皮質(VLPFC)が我々が何に注意を払うかについて制御する我々の脳の部分であると説明します。

いくつかの調査で、意気消沈した患者のVLPFCで、脳活動(間接的に血流で測定されて)の増加が明らかになりました。ごく最近、より厳しい落ち込みがより多くの前頭葉前部活動に繋がる。中国で神経科学者によって来月発行される新聞は、意気消沈した患者で前頭葉前部皮質と脳の他の部分の間でスパイクを「機能的な連結性」で見つけました。この発見の1つの説明は機能亢進のVLPFCが熟考の基礎をなすということです。そして、人々が彼らの問題に集中しています。

情報を共有する。それは、鮮度の高いニュースだけではないと僕は思う。それだけなら今のソーシャルメディアもただのインターネットオタクの遊びのツールになってしまう

Related posts