Google検索NEWシステム導入:Search Marketing Expo


Googleが新しい検索エンジの手法を取り得ることを発表したようだ。それが、どんな機能かは分からない。しかし、僕がGoogle検索に不満を持つのは、URLの歴史を評価することだ。
つまりGoogleである検索をするとそれは、何年前かの古本屋にあるようなサイトの情報が表示される。つまり、検索ページランクなどは、WEBの情報の質や鮮度を反映していない。そこが、これから解消されるかについては、不明だがGoogle更なる進化を期待したい!

GoogleのためのNnext Chapter
Googleは、どんなサイズのウェブ検索に表示される第2のインデクスのために自動的に新しい内容をGoogleに提出することができるシステムを開発しています。検索業界アナリストダニーサリバンは、これがGoogleのためのthe next chapter(次の章)でありえると今日、伝えたそうです。

我々がGoogleによって話された最後のフォールは、ブレットスラトキン(PubSubHubbub(PuSH)リアルタイムシンジケートプロトコルに関するリードする開発者)です彼が、Googleがその代わりにウェブにインデックスを付けるためにPuSHをいつか使うこと望んでいる。検索エンジンが長い間ウェブにインデックスを付けた方法であった。Google上級プロダクトマネージャーディランケーシーは、サンタクララ(同社がすぐにサイトのオーナーがそのように非常にプログラムに参加する標準的な方法を発表する予定であるカリフォルニア)で、サリヴァンのサーチマーケティング・エキスポで昨日言いました。

それは、小さなサイトでは、現在1週間に1度しかGoogle検索ロボットが訪問しないことを解消になるようだ。
僕自身がエンジニアではないので、まだ詳細は、理解できないが、興味のある方は、下記サイトでご覧ください。
Search Marketing Expo – SMX West, March 2-4, 2010

Related posts