Windows XPユーザーは、F1のキーを押さないでください!

あなたがWindows XPをまだ使っているならば、マイクロソフトはあなたのためにセキュリティアドバイスをしています。
F1のキーを押さないでください!

最近発見される脆弱性は、Windows XPがヘルプファイルをロードするのに用いられるVBScriptを取り扱う方法が崩壊させています。ハッカーは悪性コードをWindowsヘルプファイル(拡張「.hlp」で)に偽装させています。それから、ユーザーに援助のためにF1を押すことを促しているポップアップウインドウを開始します。プレスF1は実際悪意のあるファイルをロードして、コードを実行します。そして、悪質なウイルスにPCを感染さします。
ビスタとWindows 7ユーザーは、一方、影響を受けないです。

マイクロソフトは欠陥を修復することに現在取り組んでいるが、解決策もその時期も発表しませんでした。
MicrosoftのVBScriptに未修正の脆弱性、アドバイザリーが公開

Related posts