Firefoxは死んでいない!


僕のブラウザーは、どうしてもFirefoxです。それは、Chromeのエクセテンションにまだなじめないからです。Google Waveを使うPCには、Chromeを使っています。それは、HTML5やGoogel APIの対応によるものです。

NetApplicationsの新しいデータのセットによれば、Firefox(2004年に開始されるオープンソースブラウザー)は一部のその光沢を失っているようです。昨年の11月から、Firefoxはその市場占有率が弱まるのを見せました。そして、その歴史で初めて続けて3ヵ月間人気が低下しました。2月は、現在24.23パーセントです。
しかし、Firefoxは、まだブラウザー戦争で、マイクロソフトのInternet Explorerを越えて快適な第2の場所を占有しています。、Google Chrome(2月の5.61パーセント)とSafari(2月の4.45パーセント)前月より人気が上昇してます。さらに、Firefoxアドオンは人気を低下していません。Mozillaによると、現在使用中の1億5300万で、18億以上のadds-onsはダウンロードされました。

また、昨日、Google Chromeは、新しいバージョンをリーリースしました。オートマチック翻訳という、日本語に対しては、全く意味のない機能が付加されました。(英語を日本語に翻訳などそう簡単には出来ない)
ただ実際にGoogle Chromeの方が軽いです。しかし、それは、エクテンションを僕は殆ど利用していません。そして、便利なエクテンションは、Firefoxにプラグインされています。(入れすぎるとブラウザーが重くなる)

Via:Firefox sees popularity fade

Related posts