Google BuzzAwareとは


Google Buzzに関連したGoogleの企業戦略はモノスゴイ勢いですが?
TechCrunchを見る限りでも3つのGoogle関連のニュース記事がUPされている。しかし、本当にBuzzがTwitterやFacebookのように利用しやすいツールになるのだろうか?もちろん、Twitterは2年・Facebookは6年の時間の経過があります。Google Buzzはまだ独立歩行も出来ない状態の赤ちゃんとそうなものです。そして、Google APIの構成はもの凄く幅が広く、開発者でない限りそれらを使いこなすことは出来ないのではないか?そんな思いがする。Google Docについて、前回記事を更新したが、果たしてこのブログの訪問者でどこまでDocを利用出来るのであろうか?Google Waveはどうなっているのか?僕には多くの”?”が生じるのです。

Google Buzzが準備不足のまま公開されたことは事実だが、すでにGoogle Buzzアプリが10以上発表されている。
Google:Flickr はPicnikを使い続けて結構です。Yahoo:コメントはありません。
GoogleがBuzzを無理にも大急ぎでローンチしたわけ―3つの可能性

BuzzAwareとは
BuzzAwareは、すべてのBuzz関連のアドオン、アプリとプラグインを1つの場所に収納する新しいGoogleBuzz焦点に集まられたアプリディレクトリです。完了されたAPIなしでさえ、既存のウェブサイトと統合することが簡単にできます。
別々のBuzzデスクトップアプリを作成するためにGoogle BuzzをあなたのWordPressブログ統合するためにオプションのいくらかをカバーしています。(WordPressかWorldPress.comなのかは不明)
BuzzAwareは、Twitdom(1,500以上のアプリによる非常に成功したTwitterアプリケーションディレクトリ)をつくった同じチームによってつくられました。新しいプログラムは、Twitter版ほどまだ広範囲でありません 。これまで、選択は4つのカテゴリーに分けられる18のアプリケーションに限られています:ブラウザー、デスクトップ、携帯とウェブ。
BuzzAwareの概要と解説されていますが、ご理解できるでしょうか?どうやらブライザーのプラグインやWordPressとの統合が可能になるようですが、まだまだ進化するようです。

Related posts