Twitterの成長と壁


Facebookが若年層にそのファンを持つ利用者を拡大している。Twitterどちらからすると大人のメディアではないか?
ならば、他のつぶやきに大人としての許容も欲しい。年代・生活水準・環境がことなるコミニティなのだからあくまでもパブリックスペースだ。人のつぶやきが意に添えなくてもそれを許す許容力・抱擁力のようなものが欲しい!

Twitterのみを楽しんでいる人とブログを持ってTwitterと利用する人とは、立場が違う!
僕がそれを感じたのが、有名なブラガーのツイターのRTだった。

フォロー数ばかり気にするつぶやきを見るとムカつく!ただ、数集めのゲームしているようだ!

僕には、そんな人達も自分のフォローならそれぞれの楽しみ方があることにストリックにならず許容力を拡大して欲しい。そして、そんな事にストリックになるのではなく、受け入れる心の器の広さのようなものをTwitterで学んで欲しい!
本当に意に沿わない人のつぶやきは、ブロクすればいいのだ。Twitterの利用者が増えれば、色々な考え方をする人が増えてくる。そんなことを感じてた。そして以下の記事を紹介する。

Twitterの成長
Twitterの分析チームの一員で、私の仕事の一部として測定するために、成長を理解しています。上のグラフはどのように我々は、過去3年間の発言の数の面で1日あたりの作成までに成長したの物語です。注意してくださいアカウントをスパムとして識別つぶやきので、このグラフでは、カウントスパム含まれていませんが削除されている。

2007年に5,000回毎日つぶやいていた。 2008年までにその数は30万となり、2009年までに 250万人の1日あたりに成長していた。つぶやき 1400パーセント3500万ドル、1日あたり、昨年増加した。今日は、1日あたり5000万人のつぶやき- 1秒当たり600件の平均で見ている。

Twitterの壁・広告
また、Twitterは、厳しい経営状態を続けいています。それは、広告による利益が殆どないと言うことです。
そこで、広告プラットホームのTwitterの選択をウォールストリートジャーナルのAll Things Digitalブログは、Twitterの広告計画がTwitter検索に拘束されて、Twitterの140文字制限を使って、Google AdWordsと同類のセルフサービスのプラットホームを含むと報告します。簡潔に、それは計画を評します。そして、「Googleをコピーしてください。」

Twitterがずっと意味していて、ここの考えはできるだけ非侵襲性であることです。広告をあなたの流れに書き入れることとは対照的に、Twitterは検索において広告を置きそうなだけです。他方、サードパーティのアプリがTweetDeck(TweetDeck)に合う、あるいは、Seesmic(Seesmic)が船上に(そして、WSJは収益割当がそうするために彼らをincentivizeすると伝えています)とぶならば、あなたが走らせて、プログラムの中に準備する検索は広告をおそらく含むでしょう。
Twitter・Facebookの広告の成功例

Twitterの収益化責任者Banerji氏リアルタイム・プラットフォームの広告効果の成功例を広告業界に対して紹介したらしい。そして、3月のSouth by Southwest conferenceで明らかにされるようだ。

http://mashable.com/2010/02/26/twitter-ad-platform-details/

Related posts