GPSを使った出会い系サイトの話


Ttechcrunchの位置情報ベースの携帯広告サービスをする記事を見て思い出したことがある。とてもくだらないことだが、Fox TvのBONESでの話である。

BONES(法人類学者で彼女の所属する研究所でFBIと協力して操作を行うドラマ)の調査する変死体のスマートフォンを修理したら、研究者からの電話がなる。それは、出会い系のサイトからの連絡であった。
つまり被害者と研究者の一員は、お互いに同じ出会い系サイトに登録した。

その出会い系サイトの仕組は、女性の携帯にある一定距離に近づいた男性の情報を知らせ、出会いを選択すると言うサービスだ。つまり、位置情報機能をもちいり、近くにいる出会える可能性の異性と知り合えるシステムだ。もちろん、ドラマの世界の話である。現実にこのよなサービスの存在は不明だ。しかし、GPS機能は、おもしろいビジネスの可能性があることを感じた。

ShopAlerts―Placecast が位置情報ベースの携帯広告サービスを一般公開なる

しっくいとレンガの〔現実に店を構えた〕小売ビジネスにとって、最大の難関は店の付近を通る人を実際に店に引き入れる段階にある。今週のNew York Timesの記事によると、アウトドア・アパレル専門店のNorth Faceは店舗の付近を通りかかる人々の携帯にテキスト・メッセージを送る形の広告を始めた。ShopAlertsと呼ばれるこのサービスは位置情報ベースの広告のスタートアップPlacecastが提供している。このサービスは今日、一般ユーザーに対して正式に公開された。

Related posts

One thought on “GPSを使った出会い系サイトの話

  1. GPSで運命の人に出会えるか?

    iPhoneなどの携帯電話(スマートフォン)のGPS機能を利用したツイッターの関連のサービスだある。また、ツイッターで自分のGPS情報を公開すれば、近くのツイッターユーザーを知ることも…