JavaScriptのベンチマークテストでは、Chrome金メダル、IE8の予選敗退


JavaScriptコンポーネントでのWebブラウザのテストは、僕たちのブラウザー選択に大きな影響をもたらせます。
Firefox 3.6を主に使用している僕は、Chorme 4.0にサブのPCのメインのブラウザーに変更することを決めさせました。

JavaScriptのベンチマークテストでは、Chrome金メダル、IE8の予選敗退

最も一般的なWebブラウザのJavaScriptエンジンをテストすることを決めた。結果は我々にはJavaScriptの集中的なウェブサイトの需要な意味を持ちます。

環境:Windows 7の究極の64ビットインテルCore 2 Duo 2GHz以上、4GBのRAM。
候補:Chorme 4.0は、 Safari 4.0は、Firefox 3.6、Operaは10.10、IE8の。

結果は、下記のグラフを参照してください。

SunSpider JavaScript Benchmark

Position Browser Time
1 Chrome 575.6ms +/- 4.4% (Similar to Safari)
2 Safari 582.4ms +/- 1.2% (Similar to Chrome)
3 Firefox 1051.4ms +/- 1.6%
4 Opera 3642.8ms +/- 2.5%
5 IE8 5599.8ms +/- 0.7%

V8 Benchmark Suite – version 5

Position Browser Score
1 Chrome 3321
2 Safari 1763
3 Firefox 403
4 Opera 188
5 IE8 90.7

僕は、エンジニアではないので、この数値を論理的に理解することは出来ません。
ですからGoogle Chromeのゴールドメタルを信じて、もう少しChromeを使い込んでいこうかと思ってます。
なによりもHYML5がこれからのブロウザーの選択には、大きなウエイトが置かれるのは、僕でも理解できます。

Related posts

One thought on “JavaScriptのベンチマークテストでは、Chrome金メダル、IE8の予選敗退

  1. ソーシャルメディア時代のネットビジネス | Net Junkie

    […] ソーシャルメディア時代のネットビジネス 今週のおすすめ記事 知っておくと便利Twitterに高速キャプチャー画像を ソーシャルメディアのROIを考える JavaScriptのベンチマークテストでは、 Chrome金メダル、IE8の予選敗退 […]