ソーシャルメディアのROIを考える


久々にこのROIと言う僕には、面倒な用語が飛び出してきた。ビジネスでのWEB関わるマーケティングで一番厄介で、一番必要なことでもある。

Brian Solisは、新しいメディアの代理店はFutureWorksでプリンシパルであり、今後の本は、Engageの著者につても記事をマシュブルで見つけた。ROI(return on investment)についての記事だった。The Maturation of Social Media ROIについて、考えてみたい。

この記事は、Brian Solisについて、他の関連の記事を参考にしてみた。

ビジネスリーダーは、単に豊富なオプションや経験の不足の時代には透明度が必要です。私たちの多くは、私たちの願望の無形透明性と信頼性に根差して測定することで企業の幹部に報告を証明することができます。最後に、彼らは単に投資と現実世界のビジネスのパフォーマンスメトリックを関連付けるソーシャルメディアプログラムのリターンを計算する。
伝統的なメトリックを定義年間、私たちの探査や経験があり、現代のビジネス慣行に重要なことを証明し、企業を効果的に将来の競争にハイブリッドモデルを作成しました。

そして、ソーシャルメディアROIについて解説されている。
早期の投資収益率の適応(Early ROI Adaptations)、新しい詳細な調査の必要性(The Need for New Scrutiny)、ソーシャルメディアのビジネス(The Business of Social Media)の項目が、データと添付しての解説であった。ここでその全てを紹介することは不可能だが、僕なりに解釈は行ったが、ビジネスユースでのソーシャルメディアでもそれは、マーケティング戦略の一部なので当然必要なROIだが、その分析は難しい。

また、16%のアメリカの企業しかROIの実施を行っていないのには、驚かされた。
そして、TwitterのユーザーにROIの認識が少ない企業が多かった。またROIが必要ないと考えている企業も多い。

ソーシャルメディアの投資を測定する上での議論は人気のあるソーシャルネットワークに砲弾や計画や戦略的な目標を定義せずに、お決まりの会話に参加多くのブランドの影響を与えた。それと同時に、投資収益率の標準の欠如、自分の疑問まで、実験のすべてのフォームを防ぎ、多くの幹部は狼狽の懸念に対処した。

できる限りの企業や人々が自社製品やサービスの市場をソーシャルメディアを使用し、直接投資、投資収益率、ソーシャルメディアの収益につながる希望と売上高の上位目標到達プロセスを読み込むために使用するツールがROIなのです。

関連の記事:Dell’s Chief Blogger Chats Up Corporate Blogging on #Blogchat
Populating the Top of the Sales Funnel Through Social Media

Related posts

5 thoughts on “ソーシャルメディアのROIを考える

  1. ソーシャルメディアのベネフィットとは、メディアミックスから | Net Junkie

    […] ”ソーシャルメディアのROIを考える”記事を更新したところROI(アールオーアイ、ロイ)など不可能であると言う意見をTwitter上で頂いた。このROIは、IT上の概念により推移される。 IT投 […]

  2. […] 参考記事; ソーシャルメディアのROIを考える Twitterが広告の仕組みを近く発表へ Facebook Advertising Success ソーシャルメディアのベネフィットとは、メディアミックスから Twitterは、他のメ […]

  3. […] ソーシャルメディアのROIを考える Twitter・Facebookの広告の成功例 ソーシャルメディア先進企業:DELL と Zappos のソーシャルメディアポリシー Amazon, IBM, Microsoft, and Appleの今日最もイノベ-テ […]

  4. Facebook fanページとSEO | NET JUNKIE2 SEO

    […] Analyticsで人目でわかる。しかし、Twitterのリファラーは、ROIを稼げるのであろうか? […]

  5. […] ほとんどのウェブマスターはTwitterが大きなリファラーをしているだろう!Twitterのリンクのシェアの誘導が当たり前に行なわれている。そこで、検索エンジンからのトラフィックとTwitterのリファラーの割合はどうだろうか? その答えは、Google Analyticsで人目でわかる。しかし、Twitterのリファラーは、ROIを稼げるのであろうか?それは、サイトで扱う品目によって大きく異なる。私は、NEEDSでは、遥かに検索サイトからのユーザーの方が、コンバージョン率も高く、ROIを高めることが出来る。WANTSのユーザーが不必要だとは言わない。 […]