嫌いじゃないよ!Twitter10のオタク-Facebook


Twitter10のオタク英雄インナーサークル
ウォーデンは、その自分人身がオタク顔なのに、10のオタクのサークルに挑戦状を送った。

僕もTwitterやFcebookでは、僕の実生活上は、ふれあうことの出来ないオタクの仕事(ブログやサイト・動画)が面白いと思う。
それは、”素敵なプロジェクトに参加でる。最大の報酬は共有できること ”で紹介したように、アメージングなプランをコインレベルでが支援する気持ちが、僕にも理解できる。
他人から見れば、何の価値もないようなことに人生を生きるエナジーをオタクとして生きる人々を僕は、どこかで尊敬すらしている。そんなウォーデンの企みは、ツイッターからFacebookに向けられた。

Twitterは内輪の会話が公開され、プログラム的にアクセス可能な私たちも見ることができます。以下では私たちはデータを見て、10人のおたくヒーローたちと、Twitterで最も相互に会話をしている。
とウォーデンは言っている。

そして、今回は、Facebookにその目は向けれている。
The Man Who Looked Into Facebook’s Soul
「Facebookのウォーデンのファンページは、学術研究コミュニティーに提供する数百万の数百名のデータは、Facebookの最近のプライバシーポリシーの変更によっても多くのデータは外部の分析に利用できるようにレンダリングできる」
オタクの主張は続くのである。

しかし、Facebookの創設者であるZuckerbergは、Facebookのプライバシーは、WEB検索は検索できると言っている。
そして、人々に『共有』する力を与えることで、世界をよりオープンで繋がった場にすることと言っている。

僕もオタクのウォーデンには、敬意を評しているが、Zuckerbergの思いに賛同する。


ウォーデンとは?
ウォーデンは、UKの大学では、そゲーム開発コンピュータビジョンを学んだ。 LAに移動した後、彼は6年間は、元のプレイステーションやXBox向けのグラフィックスドライバのビルドを行った。そして、彼は起業。
彼が独自に開発したいたソフトウェアは、Appleの目を引いたのが幸運だった。そして、アップルの彼の会社を買った。そして、その主駅から彼の次のプロジェクトは維持されている。
アップルでの支出後5年間の人々との接続や専門知識の種類の迷路に苦しんだ。そして、ソーシャルなグラフ解析を使用すると会社を設立する。彼はその会社Mailanaと呼ばれる。
ここでは、任意のTwitterユーザーの社会的なグラフを分析しMailanaのツール。 TwitterとMailana上で誰かのユーザ名を入力して、20他の人と@ repliesを相互に最大数を交換しているユーザーに表示されます。
誰か面白い検索または重要ですか? MailanaのTwitterアナライザは、ほとんど定期的に人の対話がわかる。
ウォーデンMailanaの発言。Via:The Man Who Looked Into Facebook’s Soul

Related posts