アリシア・キーズに学ぶソーシャル・メディアに涙を流す!

若い妻が僕が映画などで感動して涙を流すとそれを笑った。しかし、今は、彼女も2児の母親となって共に恵まれない子どもたちに彼女の母のように優しく微笑むことができるようになった。

「あなたはサンタクロース!・すべての子どもたちには、何が出来るの?」
と僕に怒りながら訊ねたっ時の妻は、まだ大学の4年生だった。

僕が、つまらないMySpeaceのアカウントを持っているのは、アリシア・キーズのブログをフォローすることだ。それだけの理由で僕は、MySpeceのアカウントを持っている。

そして、アリシア・キーズのソーシャルメディアは、彼女の楽曲をセールスするものより、彼女のアフィリかの子供たちを支援するkeepachildaliveのことが殆どだ。

アリシア・キーズのメッセージで、僕の心を残つているのは、”伝える手段のないもの代弁者”的な彼女の発言である。それが、ソーシャルメディアのすべての利用者の役割ではないかと思う。もちろん、希なつぶやきでいい。1000回つぶやいたら1回ぐらい僕らの子どもたちの未来にリンクするような情報を共有するためにつぶやいて欲しい!
そんなことを僕は、アリシア・キーズのソーシャルメディアのつぶやきで常に感じる。

Keepa Child Alive
Keepa Child Alive

まずは、僕のお気に入りのFacebooKでは、彼女のTwitterのタイムラインを時間がある時には覗く。そして、アリシア・キーズの誕生日を迎えるブログの紹介である。僕には、とてもこのブログを翻訳することは出来ない。それは、英文の方が、僕のこころに響く。そして僕のつたない英語力でそれご濁したくない。

アリシア・キーズ

Hey everyone,
Its that time again. My birthday!
Birthdays have become such a precious commodity in Africa and India where without your help many will not live to experience another birthday. Instead of buying me a gift I would love to have you donate to my organization “Keep a Child Alive” so that another child, another mom, another dad, another sister or brother can live to see and celebrate more birthdays with their families. Its easy…you can start by donating here.
Please, I’m so blessed with what I already have and just knowing someone will have another year at life is the best birthday gift I could ever receive! Thank you for your generosity!
With absolute love,
Alicia

Keep a Child aliveのアリシア・キーズのブログ

アリシア・キーズFacebook

これがアリシア・キーズのFacebookのツイッター画面

アリシア・キーズのツイッター

アリシア・キーズのツイッター

この動画、アリシア・キーズの動画配信サイトKyte:AlicaKeys

JUGEMテーマ:No Music, No Life

Related posts

3 thoughts on “アリシア・キーズに学ぶソーシャル・メディアに涙を流す!

  1. […] This post was mentioned on Twitter by 竹内徹, 竹内徹, 竹内徹, minami, takako endo and others. takako endo said: とてもよい記事でした。RTブログ更新 アリシア・キーズに学ぶソーシャル・メディアに涙を流 […]

  2. 今日ツイッター:安曇野穂高行き道中アリシアキッズの巻き

    Today Twitter 噛み合ない人たち! 先ほど取材で長野県安積野市穂高方面へ行ってきました。その車内でアリシア・キッズのCDを掛けていたら同乗2人の邦楽ファンからブーイングを浴びました…

  3. […] そして、Talor SwiftのCMTをPicAppで見つけた。 Alica Keysが妊娠結婚と言う話題からRihannaとTalor […]