Googleに救われるジャーナリズムGoogle Fast Flipデビュー


Googleに救われるジャーナリズムGoogle Fast Flipデビュー
Googleの新しい検索の試みは、Googleのニュースサイトにあった。サムネールの表示されていたニュース検索において、ニュース配信をする出版系を支援するサイトともなっが、見やすくてGoogle信者の僕は、喜んで活用した。
それは、ニュースブログでよく見られるスライドにより、ジャーナリズム系のサイトを一目で表示するものだ。
このサービスは、まだGoogle英語ニュースサイトの最下部に表示される。日本でのこのサービスが反映するのは、いつになるかは不明だ。

Googleは、旧式なページをウェブを飛び越えて、視覚のジャーナリズムのより高い形を販売促進して、広告収入を出版者と共有させるのをするFast Flipを開始しました。そしてニューヨークタイムズとワシントンポストとの堅い協同において設計されて、Living Stories)に近付きしました。Googleは伝統的メディアが痛んでいると理解したので、ジャーナリズムは助けたかったです。

Google News to Publishers: Let’s Make Love Not War

米Googleが1月7日開催のスーパーボウルの生中継番組で30秒CMを放映した。

Googleは7日、YouTubeでスーパーボウルで放映されたCMを直後に掲載するチャンネルAdBlitzを公開しており、第3クオーター後に放映された同社のCMも、このページに掲載された。

「Parisian Love」と題されたこのCMの内容は、パリに留学した男性がフランス人女性と恋に落ち、結婚して子どもが生まれるまでをGoogle検索のページでの検索だけでつづったもの。

Related posts

One thought on “Googleに救われるジャーナリズムGoogle Fast Flipデビュー

  1. Google新たな恐怖はFacebookだった。それでGmailソーシャル | WEB DREAM

    […] てきた。 つまり、このレポートによるとGoogleニュースは、新しい試みFast Flipを”ジャーナリストへの配慮”と捉えられていたが、とてもそれだけのには思えなくなった。 Googleは、Google […]