ポジティブなソーシャルメディアとそうでないメディア MIX vs Facebook


MIX

ポジティブなソーシャルメディアとそうでないメディア MIX VS Facebook
MIXのアプリが好調らしい。そこで、FacebookとMIXの違いにフォーカスしてみた。
MIXのユーザー1257万人(2009年12月)で、Facebookは、40.000万人(Facebook Swaps Banners for Search Deal With Microsoft)とこことだ。だが、僕は、現在MIXを使っていない。そのスパムの多さに僕の生活するための重要な時間の一部をMIXに費やすことの愚かさを感じたからであるのと国内での生活が少ないかである。特殊な事情もある。

この視点は、総ユーザー数であるから、ローカルの人口にも左右される。
しかし、MIXとFacebookを比較するのは、見当はずれな話かも知れない。旧来のソーシャルメディアと新しいスタイルのソーシャルメディアとでは、その概念は大きく違う。それは、ポジティブなメディアとネガティブなメディアの差がある。僕は、Fcebookは、現在と過去の共有と意味づけた。

つまりMIXは、ソーシャルメディアの過去のスタイルで、Facebookは、ソーシャルメディアだが、検索エンジンにOPENにされる。要するにひそひそ話で発言することの違いがある。しかし、くりかえすが、僕はMIXをそれほど知らない。

どちらを日本人が好むのかは、もう少し時間が必要だろう。どちらもモバイルに支えられているが、Facebookは、日本のキャリアの携帯電話では、アプリ自体が利用でないものが多いいのであろう?更にFacebookのインターフェスは、日本人には、扱いにくのかも知れない。それゆえにツイッターのシンプルさが日本では受けるのではないか?

UKでもFacebookのモバイルからの最高の利用率
これはFacebookがUKの他の全てのウェブサイトと世界の多くの地域も越えたました。そして、他のソーシャルネットワーク、Twitter、主なニュースネットワークとアップルのApp Storeさえ追い越す数字なのです。
参考データー

Related posts