僕のソーシャルメディア Facebook Map

Facebook

僕のソーシャルメディア&WEBライフ=Facebook
日曜日の遅いランチをどこで食べるか悩み。僕は、単身赴任者として、コンビニを選択した。そこで”頑固おにぎり”なる商品を選んだ。そして、それを食べながらふと思い出したことがある。
コンビニの面倒くさいラップにくるみこまれたおにぎりではなく、なんか昔母親が作ってくれたおにぎりのテイストが味合い深かかった。

FacebookでEXガールフレンドとの出会い!
僕が、Facebookで昔の海外で暮らす外国人の恋人にFacebook上で再会したのを以前このブログでも紹介した。ここで、簡単に紹介すると、赴任していたフィリピンで知り合った元彼女にFacebookで再会出来たのは、友達の友達の友達の写真に写っていた元彼女を見つけたことからだ。僕は今、2児の父親であるからたぶん2度と彼女と現実の世界では、出会うこともないだろうが、ネット上では、関わっていくことも出来る。

たぶん現実の世界では、出会うことの出来ない人たち
ツイッターやFacebookなどのソーシャルメディアで知り合った友達は、現実に合うことはそれほど多くはないだろう?もちろん、意気投合したり、飲み会に参加するこもある。しかし、その多くは、たぶん現実の世界では、出会うことの出来ない人たちなのである。そして、僕の現実の人生には、それほど大きなは影響しない。

しかし、FacebooKでもツイッターでも時々感動するような出会いがある。つい最近は、Youtubeで様々なHow To系の動画マーケティングを行っている人ともSKPEで実のある熱い話ができた。Ustreamなどで、ライブの感動する中継を観ることも出来た。

Facebookで共有するのは、今だけでなく思い出も共有する。
ツイッターは、その時間と情報を共有するが、Facebookは、僕自身のネット上のHOMEであり、今も少し前のこともレコードされる。そして、それは、Google検索により世界に発信される。ほんの少しでも社会に貢献出来るビジネスや意気高を知なければならないと僕は生きる。

昔の同級生や昔の同期に現実の再開はなかなか出来なくてもFacebookなら思い出も同期して共有できる。もちろん、今も含めて、それがFacebookを使うと出来るのではないでようか?

そして、僕は、Facebookでは、友達の申請を行う。ツイッターでは、自らのフォローは、殆どしない。もちろん、フォロー返しは出来るだけする。
更にFacebookもツイッターも僕は、英語と日本語のアカウントを持って使い分ける。日本語のOSが入っていないところで、ソーシャルメディアを使う機会がしばしある。そして、やはり言語は統一した方がいい。

Facebook
僕のFacebookベースのソーシャルメディアMAP

次世代の人々は、ニュース報道を読みますか?

12〜17歳の約62%の米国のインターネットユーザーはニュースと政治的な情報のためにオンライン化している。
昨日発表されるPewリサーチセンターによって実行される調査にはありました。
総選挙のようなスペシャルイベントの間に、ニュースの消費は、77%まで上がりました。
Teens prefer reading news online to Twitter

Facebookの画像ダウンロードがNEVERのNドライブのようにラクラクになった。もちろん、iPhoneからもらくらくでサクサク。



Facebook Swaps Banners for Search Deal With Microsoft

JUGEMテーマ:twitter

Related posts

Leave a Comment