ソーシャル・メディアで共有するものは?


ソーシャル・メディアで共有するものは?
多くのツイッターや他のソーシャルメディアの利用者の多数はプロは情報を共有して、ガイダンスを他に提供するためにツイッターを使っています。そして、それらを大多数がフォローする図式になっているのではないでしょうか?
そのうえ、多くの企業は、ソーシャルメディア利用者のメンバーシップを得るためにソーシャルメディアに参加します。

Ustreamの波
そして、ちょっと前までは、ツイッターを例にあげるとTwitpictやFlickrなどの画像投稿やサイトやYouTubeのなどの動画サイトのサプライズな動画のリンクを貼込みつぶやきていました。
しかし、昨年の末くらいから盛り上がったのが、Ustreamです。ライブ映像とそれの視聴者たちのツイッターのタイムラインがとて面白い。そして、説得力のあるライブ動画メディアです。

日常化するツイッターの利用は、iPhoneが支える。
iPhoneやPCから簡単にLIVE感溢れる映像は、プロの映像よりも素人さとライブで時間を共有しているが、面白いのではないでしょうか?しかし、140文字のツイッターと共有することで、Ustreamの魅了も引き立つのです。そんなことを考えるとNEWSサイトやTVでニュースを見るようりも日常で、欠かせないメディアとなっている人も少なくないでしょう。
そして、その日常性は、iPhoneが支えているように思えます。

例えば、TVでサッカーの放送予定をしらなくても教えてくれたり、今、Hope For Haitiの生中継を知らせるくれるツイッターのつぶやきがあったりするのは、とても便利なことなのです。

Hope for HaitiとWe Are The Worldの違い!
そうです、そのHope for Hitiとその昔、マイケル・ジャクソンをはじめスーパースターで行われたWe Are The WorldのUSAフォー・アフリカのチャリティは、レコーディング・ドキュメントと言う形態でした。また、2010年版”We Are The World”、アカデミー受賞監督によるビデオも制作されるそうですが、ツイッターでは、Hope for Hitiほど話題にならないのは、リアル感やライブ感がないのが、ソーシャルメディアでは、話題性が欠けるのでhないでしょうか?

情報の質よりサプライズと鮮度が、多くの人々には、好まれるのようです。それが大衆と言うものかも知れませんが、とびっきりの特化した情報を共有できるもソーシャルメディアの魅力ではないでしょうか?そして、画像・動画・ブログなどとUstreamなどのライブ動画にモバイル・インターネットまで、配慮しなければ、WEBマーケティングは行えません。

情報と時間の共有、そして、モバイル・インターネット
これらのメディアMIXをソーシャル・メディアをベースに流れるのですが、iPadどなどのタブレット・ディバイスが普及するとまた、WEBマーケティングに新しい要素が加わります。しかし、情報と時間を共有するという概念を日本の企業がどこまで忠実にソーシャルメディアと関わることが出来るかという課題は残ります。それは、激しい滝に流れる水のような情報の流れに、間違った情報を修正することの難しいソーシャルメディアです。僕らが誤字だらけのつぶやきとは、分けが違います。企業のつぶやきは、企業のアイデンティを背負ってしまうからです。そして、リスクの高いのもソーシャルメディアの特性でしょう。情報と時間の共有する。それがテーマではないでしょうか?

Related posts