企業のためにGoogle Wave vs 12Sprintsとは?

12Sprints

企業のためにGoogle Wave12Sprintsとは?
12sprintsは人、情報、メソッドの3つの面から効果的なコラボレーションを促進することで意思決定を支援する。ドキュメントの共有のほか、ブレインストーミング、戦略立案、フィードバック収集などのメソッドを提供する。「SAP BusinessObjects Explorer」技術を統合、ビジネスツールとしては、Pro/Conテーブル、クイックアンケート、SWOTマトリクス、コスト/メリット分析などの機能を利用できる。ダウンロードは不要で、オンラインすべての機能を利用できる。独SAP、コラボレーションと意思決定を支援するSaaS「12sprints」ベータ版:マイコミジャーナル

Google Waveも完全に使いこなしていない僕には?
SAPの新しく発表されたベータ製品12Sprints。 無料の最先端の共同の意思決定ツールって、凄そうだけど、どんなもでしょうか?Google Wave自体にようやく慣れてきたような僕には、まだこの12Sprintsの凄さがわかりません。概要は下記に示してありますが、このブログ紹介したツーた関連のツールも同期させるて、扱えるようです。たぶんTechCrunch Japanあたりで詳しく日本語で解説されるでしょう。ここでは概要だけ簡単に解説文をMashableのJennifer Van Groveの記事を引用します。画像もJennifer Van Groveの記事をご覧ください。

12Sprints具体的にどんな機能があるのだどうか?
リアルタイム共有についての考えへの非常に必要とされた構造加える。Google Waveによって人気がありましした。そして、Basecamp.のような人気のウェブベースのチーム協同ツールの機能。

12Sprintsがすべてのサイズのチームのために
ツールは特に彼らのフォーチュン500クライアントの必要に結果によるワークスペースであるようになっているクラウドベースのシステムを供給するように設計されています。

12Sprints仕事の流れはActivitiesのまわりで構築されます。
そして、それは特定の意思決定プロセスのためにプロジェクトバケツのようです。参加者は共同で働いて、ファイルを議論するためにツールを活動に加えることができて、決定をして、時間を管理して、行動アイテムをセットして、責任を割り当てて、文書処理とスプレッドシートのようなツールによってリアルタイムに一緒に働いて、個々のアイテムをコレクションに分類して、コスト/の利点分析とSWOT分析のような洗練されたビジネス仕事を行います。
ビジネス意思決定のための活動できます。

あなたがGoogle Waveをよく知っているならば
Google Waveをを始めることと同類であるように、あなたはActivityを始めることについて考えることができるので、あなたはそれに名をつけたくて、参加者を招待して、内容をそれに加え始めます。Google Waveと違って、それを自由形式の会話を支持することとなると、より柔軟にしない12Sprintsは信じられないほど構築されます、しかし、よりきれいなワークスペースを維持して、フィードバックを集めて、グループ決定に来ることの助けになる。

しかし、ごくわずかな境界しかActivityに加えられることができることにありません。しかし、各々のアイテムはそれ自身の実体と考えられます。個々のアイテム/要素 ― 活字に関係なく ― すべての支持コメント、満期日による行動アイテム、参照点を加える能力、必要に応じて輸出入オプションと他のビジネスは、特徴を流用します。要素と彼らの合同行動は、閉じられるか、参加者によって完了されて開いているままです。

現在、僕は12Sprintsをインストールをしてみました。レビーは、今週中には、このブログで紹介出来るは?

JUGEMテーマ:Google

Related posts