ツイッターの電車は、駅を出ました!


ツイッターの電車は、駅を出ました!
The Twitter Train Has Left the StationといNYタイムズのコラムを僕は、真似ました。
そのコラムは、もう”うんざり”のツイッターについての長い記事でした。
もちろん、NYタイムの購読者には、面白い記事なのかも知れません。しかし、そんなうんざりする長い記事の中で、僕は、とても素晴らしいことを知りました。この地球を遠く離れた、宇宙の僕の知らないどかからツイッターを使って、つぶやいている人がいるらしいのです。なんともファンタステックな話ではないでしょうか。

僕は、思います。インターネットがアメリカの軍事利用から発展したテクノロジーであり、ネットが普及してもこれほど世界が繋がっているという実感をツィツター以外で他のメディアで僕たちは得られたことがあるでしょうか?この空が世界中を覆っていることは誰でも知っていても、その実感がふと空を見た時に感じるでしょうか?ツイッターでは、世界が繋がっているのを僕は実感できるます。しかし、Ustream TV では、僕はそのイメージを僕は感じません。何故なら僕は視聴者であってリアルにTwo wayにならないのです。もちろん、Ustream TV 簡単にPCからもiPhoneから僕は参加することは出来ますが。

想像してください。
今、果てしなく遠い宇宙の彼方で野口さんが宇宙ステーションから持参したiPodで演歌を聴きながらツイッターでつぶやいているかも知れないのです。
The Twitter Train Has Left the Stationの記事とは、話の方向性は異なった方向に向かってしましたが、もうツイッターの電車は、駅を出たのです。そして、このブログを出勤途中で呼んでいる人もいるかも知れません?宇宙ステーションの中から僕のブログを読んでいてくれるかも知れません?(可能性は、限りなく0に近い)

”ジョージパッカーは通常ニューヨーカーのために外交問題、政治と本について書いています。しかし、今週、彼はそれへのリンクがツイッター上で700回以上再び掲載されたので、皮肉にその多くの注目得たブログ柱でツイッターを攻撃することに決めました。
「私がツイッターについて聞かされるたびに、私はStopを叫んで言いたいです」と、彼が書きます。「二、三分ごとに多数または数千人へから短い最新版を送って、得る考えは、情報地獄からのイメージです。」
「つぶやきは、メディア大好き人間のためのクラックです」と、彼が書きました。”
そんなメディアだいすきな人間の何十万人もの人々は、現在毎日、ツイッターに情報源を求めます。企業は、カスタマーサービス問題を取り扱うために、サービスを利用します。スターバックス、デル、フォード、JetBlueとより多くの会社は、彼らの顧客に割引とクーポンを提供するために、ツイッターを使います。広報会社、広告エージェンシー、学校、国務省 — オバマ大統領 — すでに、情報を共有するために、ツイッターと他のソーシャルネットワークを使用してます。”
The Twitter Train Has Left the Stationから抜粋

Related posts

One thought on “ツイッターの電車は、駅を出ました!

  1. もっとも効果的にソーシャルメディアを利用しているは? | WEB DREAM

    […] Social Media + Open Government at NASA以前にWEB DREAMのブログで”ツイッターの電車は、駅を出ました!”で紹介した、NSAの宇宙飛行士もツイッターを利用しているという話をしました。このスラ […]