ソーシャルメディア vs Eメール



面白いレポートを読んだ。それは、ガートナーのレポートについての記事だった。
僕は、このレポートを読んで、あるブログ記事を思い出しました。それは、”E-メールマーケティングというアプローチ”Mashableの記事の翻訳されたものでした。
僕は、この2つの記事を読んで感じたことは、「電子メールがソーシャルメディアの機能に組み込まれるのではないのか?」と言うことなのです。

ソーシャルメディア vs Eメール
Gmailなどは、多くの機能を付加したが、Google Waveと言う新しいプラットサービスを行っているが、多くのネットユーザーは、ツィツターやFacebookなどのソーシャルメディアを毎日多くの時間触れている。RSSニュースリーダーの要素もFacebookには、備わっている。もちろん、ネット上の存在を示すのは、メールアドレスである。しかし、それがFacebookでもいいのである。ツイッターのアカウントでもいいのである。

”なぜE-メールにソーシャルメディア機能を追加するべきなのか?
ユーザーがソーシャルネットワーク上でウェブコンテンツを共有した結果、それが『バイラル化』するのと同様に、あなたのE-メールプロモーションも『容易×共有』の仕組みを創ることで勢いを得られるのである。”

Wonder SkakeからのMashableの記事引用

”「ソーシャルネットワークと電子メールの区別は、腐食する」そんなタイトルでした。
アナリスト会社は、ソーシャルネットワーキングサービスが2014年までに約20%のビジネスユーザーのために「個人間の通信の主要な伝達手段として、電子メールではなくなる」と予測しました。それはツイッターのことではありません。FacebookはOutlookを追い越します。電子メールがより多くの「社会的面」を引き受ける間、ガートナーは内部のソーシャルネットワークとビジネスネットワークが構築されると言っています。”

Social networking to displace e-mail in enterprise:引用

この2つの記事で僕が感じた結論は、結局ネットユーザーは便利で簡単なものに引かれるのではないか?もちろん、MashableのEメールマーケティング結果測定を尊重しても、ソーシャルメディアとEマールと言う二つの郵便受けは、非常に不便になると言うことです。
それは、過去手紙と言う伝達の手段がその多くがEメールに変え割ったように、Eメールもこの世から消え去ることはなくてもソーシャルメディアがセキュリテーの機能充実を図れば、そう遠くない時期にソーシャルメディアがこのネット上のもっとも多くの人間が利用するサービスに変わるのではないでしょうか?

JUGEMテーマ:twitter

Related posts