魔法のツイッターのつぶやきThinking Visually

Thinking Visually
inform,influence+inspire by thinking pictures.
このスライドでは、何をメッセージしているのでしょうか?
The eyes are not responsible when the mind does the seeing.
”見るとき、目には責任はありません”・”知らせる・影響+ピクチャを考えることによって、示唆してください”
それで、何を僕が示唆すればいのでしょうか?
4つのM・・・metaphor(比喩)・model(モデル)・mindmap(マインドマップ)・manifest(ミニフェスト)

そうです。ビジュアルで考えることの優れていることを僕は改めて感じました。ビジネスでも人間関係でも見栄えと言うのは大切です。そして、WEBマーケティング上もっとも大切な要素の一つでしょうか?
このブログで僕がメッセージしていることは、ビジュアルコミにケーション・マーケティングなのですね!
ツイッターは140文字のコミニケーションツール。しかし、文字にもビジュアルはある僕は考えます。140文字の10%も使えば、人の意識を捕まえることが出来るのです。もちろん、僕には出来ません。ほんの希にそんな14文字程度のメッセージにバックリンクを載せたとき信じられないトラフィックを得ることが出来ます。それを僕は「魔法のツイッターのつぶやき」と呼でいます。もちろん、トレンド・コピーライトの要素は、含まれます。RTの要素もあります。
携帯のチャットやメールを使う若い女性はとても上手です。絵文字を使うと言う意味ではありません。

このブログタイトルの”魔法のツイッターのつぶやきThinking Visually”は、最初のプランは、”Thinking Visually  魔法のツイッターのつぶやき”でした、どちらが効果的なのでしょうか?”Thinking Visually”を除いて、”魔法のツイッターのつぶやき”の方が、伝わりやすいでしょう?でも僕は、”Thinking Visually”を入れることで、このブログへのフォロワーのアクセスを制限する意味もあるのです。このブログのタイトルは、そのままツイッターに流れます。だかから”魔法のツイッターのつぶやき”タイトルでだけ、アクセスを求めたくはないのです。

Related posts

One thought on “魔法のツイッターのつぶやきThinking Visually

  1. Twitted by ais2008

    […] This post was Twitted by ais2008 […]

Leave a Comment