ツイッター逃れない追跡!ソーシャルメディアのリスク


ツイッター逃れない追跡!
”ギャングがメタンフェタミンを売るために彼の逮捕のすぐ後、刑務所から解き放されたとき、友人と同僚は彼が当局と取引して、警察情報提供者になったと仮定しました。”とUse of Twitter, Facebook rising among gang membersと言う記事の走りでした。

サンフランシスコの警察はギャングのTitterのつぶやきを、何ヶ月の追跡した!
サンフランシスコの法執行当局はギャングの多くがTwitterとFacebookな使用をしていることを明らかにした。そこで、彼らは時々、エージェントがギャング仲間を特定して、よりギャングの組織について学ぶのに役立つ情報を得ることが出来ることを察知していたらしい。そして、以前は、MySpaceを利用していたギャングたちは、そのステージをTwitterとFacebookに移行したらしいです。敵対するギャングや世界中のギャングと密売や様々な情報を共有しているらしいのです。

ソーシャルメディアのリスク
ソーシャルメディアと言う名のとおり、社会には、表もあるが裏もあると言うトピックスではないでしょうか?それでもTwitter、Facebookやたのソーシャル・メディアも社会に役立つ方向に発展を続けて欲しいモノです。情報の共有には、社会的にも大きなリスクが伴うことも忘れてはいけませんね!

JUGEMテーマ:twitter

Related posts