MI5の警告-“ツィツター・Facebookが脅威に…”トピックス


イギリスでは、中国の工作員が、スパイウエアの入ったデイバイスにより産業スパイが行われていた可能性が高いと007の所属するMI5の警告がアナウンスされた。まるで映画の世界の話のようだ。
「007」のイギリスに中国が仕掛ける古典的スパイ術 外国人が頻繁に利用するホテルには盗聴網設置済みを示唆 MI5が自国ビジネスマンに警告

そして、Twitter(ツイッター)やFacebookも、破壊工作ソフトとスパムの恐怖にさらされているらしい。
Sophos(インターネット・セキュリティー)によるレポートによると、破壊工作ソフトとスパムを、ソーシャルネットワーク(例えばTwitterMySpaceFacebookとLinkedIn)上で拡大されえているそうです。

”昨年には、破壊工作ソフトのユーザーは、ソーシャルネットワーキングサイトを通してばらまかれたと報告します。さらにまた、36%のユーザーは彼らがソーシャルネットワーキングサイトを通して破壊工作ソフトを送られたと主張します。そして、それは昨年からの69.8%の上昇です。”
Social Networks Are Becoming a Security Risk [SURVEY]の記事に記述されている。

そして、その具体的対策は、記載されていないようだ。Faccebook、MySpace、Twitter、LinkedInについてソーシャルネットワーキングサイトとは、定義されている。
しかし、CluleyというSophosのための上級テクノロジーコンサルタントによると”十分に破壊工作ソフトとスパムは、Facebookなどをダウンするには、至らなかった。”

しかし、悪辣な組織だった破壊工作ソフトとスパムを配布する組織があることは、事実のようです。それは、昨年のイラクのサーバーからTwitterが、ハックされたことからも理解できますね。

マカフィー・ストア

JUGEMテーマ:twitter

Related posts