坂の上の雲のツイッター!元ANAのCAから学ぶ


坂の上の雲のツイッター!元ANAでのCAから学ぶ
それは、沈まぬ太陽ではなく、坂の上の雲が比喩なのか?
先週日本のサイトで面白かったコラム記事を僕の見つけた。日経ビジネスONLINEとい会員性サイト(無料登録)のサイトだ。最初の1ページは、ビジターでも訪問出来る出来る。しかし、僕は、このコラム記事をビジネスの視点・サービスの視点で紹介をするのではありません。ソーシャルメディアツィツターなでのコミニュケーションの取り方についてである。ANNで4年間、客室乗務員(CA)として勤務していた方のコラムだ。
ANA客室乗務員は見た! JAL全盛期の“光”と“影”-坂の上の雲【ANA編】先週の女性が読んだ記事の1位の記事だ。
コラム記事のタイトルは、JAL・ANA関連の経営的なコラムのようだが、ANAでCA体験記のような感じを僕は持った。
そして、次に引用した文章が僕は注目した。そして、それはツィターやソーシャルメディアを使うときに需要なことではにないかと思っからだ!

成田に着くと必ず反省会を開いて情報を共有
”オックスフォード大学の文化史研究者であるセオドア・ゼルディンは、「会話には単なる情報のやりとり以外のものが含まれている。会話はお互いにとっての意味の発見、規範や目的についての交渉、共感や否認・困惑・理解の表現が含まれる。そこには相互性とある種の関与、すなわちリレーションシップが暗示されている」と語り、会話の重要性を訴えるとともに、「相互の尊敬がなければ、満足いく会話はあり得ない」としている。
 以前、ソーシャル・キャピタルの重要性についてお話ししたが(「自殺者が多い職場−経営者が置き去りにした“もの”」)、会話はソーシャル・キャピタルの声と言われている。 ”

重苦しく感じる人もいるかも知れないが、僕たちもツイッターのフォロワーに尊敬と感謝の念をもってツィツターを使うと得るものも大きのではないか?

ツイッターのフォローを増やすには、RTをもらうこと、Mentionを多用しないこと…とこのブログで他の記事を紹介してきました。しかし、快適になるコミュケーションが出来なければ、ツイッターのフォロワーをただ増やしても意味のないメディア利用になるではないでしょうか?
ツイッターは80%+の理論

日経ビジネスONLINE他のツイッター関連のコラム
ニコニコ動画とTwitterの魅力
ハイチから宇宙から、カトキチから「なう」肥大化するつぶやきメディア「Twitter」の正体
Twitterを「つぶやき」と翻訳した罪

JUGEMテーマ:twitter

Related posts

One thought on “坂の上の雲のツイッター!元ANAのCAから学ぶ

  1. […] This post was mentioned on Twitter by Takeuchi, 竹内徹, 竹内徹, ais, 籔田博大 and others. 籔田博大 said: 「坂の上の雲のツイッター!元ANAのCAから学ぶ」を見たよ! → http://am6.jp/aT3sTC /by @zaizen09 /via @feed […]