マイケルジャクソンは土曜日に更にもう一つの死後の名誉


ロサンゼルス(ロイター)
マイケルジャクソンは土曜日に更にもう一つの死後の名誉を得ました。

しかし、彼の子供たちの何人かが彼のための上で小像を受け入れるかもしれない推測にもかかわらず、ジャクソンの家族は、グラミーショー授賞式・Wilshire Ebell劇場で式典に参加しませんでした。

その代わりに、ジャクソンの前マネージャー(フランクDiLeo)は主人役を務めました。
50歳で、ジャクソン(その人は昨年薬剤過剰投与で死にました)は彼の生涯で13のグラミー賞を獲得しました。
「我々が我々の何人かがすでに横切った決勝線の方へ進んで、私は私がグラミー賞を受けると決して思いませんでした。実際、私は彼らの関心の慎み深さによって、常に影響されました」と、彼が言うと大きい拍手に起こったそうです。
Michael Jackson, Leonard Cohen win special Grammys

そして、マイケル・ジャクソンの整形に関わる悲しいメッセージが伝えられたそうです。
僕も忘れない!何故なら僕の1歳の息子の名前は、”マイケル・大”だからです。

マイケル・大

 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)

Related posts

One thought on “マイケルジャクソンは土曜日に更にもう一つの死後の名誉

  1. […] This post was mentioned on Twitter by Takeuchi, 竹内徹. 竹内徹 said: ブログ更新 マイケルジャクソンは土曜日に更にもう一つの死後の名誉 → http://am6.jp/9H24dn […]