僕が友達に説明したツイッター凄さ!鮨も安く食べられる。


鮨Twitter

僕が友達に説明したツイッターのつぶやきで起こったこと
水曜日に、「コミュニケーションの将来は、140文字以下ですか?」と、
ツイッター(Twitter)に付いて訪ねられました。
それは、とても難しい事なのですと僕は、ツイッターの人気を知った友人に答えた。

「ブログより簡単だね!」と返事をした友人に
「140文字でコミュニケーションをするのは、大変だよ!イディオムだらけだよ!」
僕の友人は日本語が出来ない。

そして、僕は、ツイッターのつぶやきで起こったことを簡単に説明してあげた。
更に週刊ダイアモンドのツイッター特集をスキャンして友達に送った?
週刊ダイアモンドのツイッターには、僕の愛娘の写真がツイッターアイコンとなって、掲載されている僕の宝物だからだ。それだけしか、僕はツイッターのことを彼に伝えることは出来なかった。

ブログやメールマガジン・セールスメールのコピーライトでそのテクニックをしている人は、自分の日常の描写から物語を作る。物語とは、作り話と言うことではない。自分の生活がイメージ出来るよな文章を作る。
ツイッターの大前提に同じ言葉を2度つぶやけない。そして、それは140文字(日本人は得している気がする。中国人はもっと、アラブ人のことは分からない)と限定されたルールがある。

最初のつぶやきで、”おはよう!”・”今日の天気”・”自分のいること”・・・などをつぶやきリアルにつぶやかれる。そらにトレンド情報。ここまで言ってコミニケーションがする。フォローしたツイッターユーザーがなんとなく勝手な物語をイメージ出来るようになる。そして、トレンドな情報が激しい滝の水のように流れる。

僕が友達に説明したツイッターのつぶやきで起こったこと
ツイッターつぶやきは、すべての種類の情報を広めるすばらしい方法なのだ。それが2006年に設立されてから、ツイッターは最初のニュースの価値ある出典だった。マイケルジャクソンの入院とハドソン川での便1549の緊急着陸のような物語・・・Twitterに関する価値ある情報を共有できた。そして、Google vs 中国、ハイチの悲しい出来事。そして、多くの友達とのネット上の楽しい会話。
そして、Google Waveでさっき友達に伝えたことは”鮨も安く食べられるよ!ツイッターやってると!”

Mac ソフトのことなら act2.com

JUGEMテーマ:twitter

Related posts

One thought on “僕が友達に説明したツイッター凄さ!鮨も安く食べられる。

  1. […] This post was mentioned on Twitter by 竹内徹 and 竹内徹, しもまゆ. しもまゆ said: フォロワ数分、値引き?!それは、すごい☆ RT @zaizen09: ブログ更新 僕が友達に説明したツイッター凄さ!鮨も安 […]