上級編Twitter 達人・勝間和代の「活かし方」に補足


ハッシュタグ
Search Hashtagshashtags.org/

上級編Twitter 達人・勝間和代の「活かし方」が週刊ダイヤモンドで”2010年ツイッターの旅-「使えない」では済まされない!140文字、1億人の「つぶやき」1/23 定価690円に掲載されていた。とてもよく出来た記事だ。

そして、少し気になったのがTwitterの公式機能の一つ#(ハッシュタグ)の利用方法を解説していた記事です。
#(ハッシュタグ)は、発言内に「#○○」と入れて投稿すると、その記号つきの発言が検索画面などで一覧できるようになる。たとえば何かイベントがあったときなどにこのハッシュタグを決めて発言することで、同じイベントの参加者同士で最新情報や思い出を共有できる。
例:#senkyoと付けて発言すれば、衆院選についての発言だとわかる。 

Twitter公式ナビ記載

もちろん、僕も利用しているが、この#(ハッシュタグ)だが、これ自体の多様をGoogle検索では、危ぶむ人もいる。“Google検索ではスパム扱いされる可能性がある?”と言う記事を見つけた。Google検索など関係ないと言うTwitterは別に気にすることではない。

さらにTwitterで、この#(ハッシュタグ)には、日本語が記載出来ると言うことを知らなかったのは、僕だけだろうか?“#日本語_“と日本語の末尾に”_”スコアーを入れるのと日本語の#(ハッシュタグ)出来ます。
一応テスト済みです。しかし、TweetDeckの”#”のクリックでは、#(ハッシュタグ)の検索は、表示されません。グールプ分けけの必要が生じます。

Twitterハッシュタグの乱用は危険、Googleにスパム扱いされるかもより

「なんだ、そんなこと知ってるよ!」って方には、ゴメンなさいね!

JUGEMテーマ:twitter

Related posts

One thought on “上級編Twitter 達人・勝間和代の「活かし方」に補足

  1. […] あなたは、人々が特定のハッシュタグを使っている話題について話しているのを見掛けるかも知れません。それは、語が続く1ポンドのサインのためのtwitter-speakです。つぶやきは、類似 […]