Hot on Twitterで見つけた、”アバターは、この映画からの教訓”


Digital Marketing Success ain’t Unobtanium: Lessons from Avatar, the movie
デジタルマーケティングの成功Unobtaniumされていません”アバターは、この映画からの教訓”

Unobtaniumと言う言葉は、難しい。
今日は、日曜日である。本当に自分の好きなサイトを探索出来る。
成約は、飲んでいるビールのアルコールの威力による。

ハイチ大地震の翌日ハイチ大震災の救済募金のサイトをTwitterでつぶやいた。そのサイトで募金を少なからず、僕もした。そして、さきほどコンビニでビールを買ったお釣りの5円玉と1円玉をハイチの救済募金の募金箱に入れた。それデけで、今日のビールは美味しい感じがする。
「アバターのGameでもやろうかな~」なんて、とても思えない。

Twitterを利用して、噛み合わないつぶやきに嘆いている人へ、自分と全く噛み合う人など早々いません。もし、そんな人がいたらそれは気持ち悪いし、自分をただ、慰めているいるだけのことであろう?
Twitterもソーシャル・メディアも何も人に提供しない企業や人に、何か得られるのであろうか?あなたの日常の情報でいいのである。GiveするならTakeしよう!と言うことだ。

デジタル・マーケティングの成功・・・そんなものは、僕にも、多分あなたにも生活するのに必要な情報ではないだろう?そんなつまらないことでも、つぶやいてみることが大切なTwitterでしょう?

SlideShareでは、Hot on TwitterとHot on faebookと言うコーナがある。

Unobtanium
非常に高価な、または物理的に不可能珍しい素材、特定のアプリケーションのための特定の設計を満たすために必要なユーモラスな概念と解釈しました。
Unobtainium

SlideShareでは、Hot on Twitterでこんな日本の動画投稿者もいた。
なぜアレグザンダー祭りを開催したのか?

Related posts