FacebookをベースにTwitter・Friendfeed・Myspace・アメーバ


FacebookをベースにTwitter・Friendfeed・Myspace…
SNSであるFacebookだげ、Facebookの更新は、友達のみ・すべての人へと選択が出来る。
最近、Facebookのセキュリティーの話題があるが、ここは、ある程度オープンされたソーシャル・メディアとして考えてみたい。
Facebookをこそ自分のホームページだと僕は思う!
Facebookには、ブログ更新時にサムネールが表示出来る。Tumblrのブログの更新もサムネールが表示される。
更に宇多田ヒカルの友達になれる。英語と日本語の両方でFacebookを更新している。
Hikaru Utada facebook
Facebook Home
Facebookのホームは、SNNなので、お見せできませんが、写真や動画もタイムラインに流れるので、Twitterよりも楽しいかも知れませんね!

FacebookをRSS代わりに使う!
海外のブログには、殆どFacebookの共有が出来るようになっている。Firefoxのエクステンションにも共有できるモノがある。AddThisそこからFcebookにRSS代わり共有しておけば、Facebook上でお気に入りのブログの更新を知ることが出来る。

FacebookからTwitterのタイムラインを!
FacebookからTwitter apps.facebook.comでTwitterのタイムラインとつぶやきがささやける。TweetDeckなどのプラットフォームも利用出来ない環境や状況でもFacebookならモバイルからrでも楽しいソーシャル・メディア・ライフを楽しむことができる。

FacbookのTwitterタイムライン

MySpaceからFacebook・Twitterに
音楽関係が多いMySpeace。MyspaceからTwitterへもつぶやける。ここで、フォーカスしたいのは、MySpeceのYoutubeなどでは、配信されていないアーティストなどの動画がFcebookに共有出来る。それをともだちに紹介出来る。
しかし、Myspaceのタイムラインやブログはあまり期待出来ない。
Alica Keysなどの更新は、頻繁にある。

MySpece Home


これは僕のお気に入りの菅原紗由理ちゃんのFacebookです。

アメーバからFacebookへ
ここで、驚いたのが、僕はあまり真剣に使っていないアメーバブログもサムネール可される。
それを知っている人も多くはないと思う?それは、アメーバのユーザがFacebookを使っているのを僕が知らないだけかも知れないが?
もちろん、アメーバブログの設置は条件だ。その次にFreindfeedのIDが必要である。Freindfeedの設定(右上のプロフィールの画面の下)からサービスの追加・編集でFacebookとアメーバを設定すればいい。もちろん、ここでTwitterも共有しよう。するとFacebookでは、Freindfeed経由で共有される。
Freindfeedは、日本画面なので簡単だ!

Freindfeed

これまでに、Facebookとその関連サービスを簡単な解説でしました。しかし、Facebookの利用価値は、大です。日本ではTwitterが話題ですが、Facebookこそ、今チャレンジすべき新しいSNNです。、SNNとしてだではなく、ご自分の顔の本、そのままの活用が出来るはずです。

http://www.addthis.com/
お気に入りのブログをFirefoxのブラウザーでSharingできる。Facebookの専用のものもあるが、こちらをおすすめ!
AddThis – The #1 Bookmarking & Sharing Service

ここで、FacebookがTwitterを回答。Facebookは、Twitterを打ち負かすつもりだ。と言う記事を紹介しておきましょう!
以下の記事は、TechCrunch Japanからの引用です。

Facebookが、サイトのトップページ、プロフィールページ、行動ストリームそれぞれの変更について数多くの発表を行った。全体的にみて今回の変更は、Twitterが友人間の個人的なやりとりを超え、リアルタイムのメッセージ配信システムとして台頭してきたことに対する一致した対抗策だ。
最大の変更は、Facebookが個人プロフィールと公開ページの区別を取り払おうとしていることだ。友人5000人の制限が公開ページでは撤廃された。 Facebookは、Twitterに大企業や有名人がファンと接触する手段になってほしくないと思っている。これまでFacebookの「Pages」は、ファンがお気に入りの有名人やブランドと繋がる場所になれているとは言えなかった。その目的で人々がTwitterに行くようになったのは、そこではリアルタイムで近況情報が手に入るからだ。

JUGEMテーマ:twitter

Related posts

4 thoughts on “FacebookをベースにTwitter・Friendfeed・Myspace・アメーバ

  1. アフィリエイト・ブログの模索2 | Net Junkie

    […] アクセスを高める仕組みづくりがSEO対策になる。 ブログのアクセスが多くなれば、検索サイトのページランクも高くなる。 更にブログランキングサイトやYahoo!ニュースなどのニュースサイトにコメントを残すことも需要だ。Facebookにサムネールを残すことも必要ではないか! […]

  2. ツイッターのバックリンクがGoogle検索に効力がないと言うのは、嘘? | Net Junkie

    […] Friendfeedに関してのは、このWEB DERAMの記事を参照して欲しい! FacebookをベースにTwitter・ Friendfeed・Myspace・アメーバ 単純な可愛らしいFriendfeedだけれど侮っとはいけない。 ネットを利用 […]

  3. […] 共有(シュア)させる! もちろん、ツイッター(Twitter)も! 以前、FacebookをベースにTwitter・ Friendfeed・Myspace・アメーバ の記事で、FriendFeedがアメーバブログに共有することをお伝えしま […]

  4. […] FriendFeedからTwitterへ! FriendFeedからTwitter・Facebook・MySpace・Flickr・アメーバにシュア出来る。 以前、FacebookをベースにTwitter・ Friendfeed・Myspace・アメーバ を紹介したが、今回は、更にFriendFeedを掘り下げて、FreindFeedの登録方法を紹介したい。次回(このブログ更新の1時間後)は、FriendFeedからアメバーの登録方法を紹介したい! […]