NYタイムス-Google vs China Opinion”Googleの「もうたくさんだ!」”


Google教日本支部信者は、この隣の大ききな独裁主権のコピーが主産業の中国をどう考えますか?
これのGoogle vs Chinaは、国際的政治問題やアメリカと中国だけの問題ですか?
Twitterでも時々みるこのGoogle vs China的記事ですが、あまり日本でのTwitterのつぶやきはないようです。
ハイチ大地震の話題に押しつぶされたのですか?

NYタイムス Google vs ChinaのOpinion

googleTwitter

このブログ記事でさらばGoogle! Googleは立派だ!を今週UPした。Googleの看板に花束を捧げる中国での様子だ。中国ネット利用者には、日本と同じくGoogle信者は沢山いるようだ。
つに、Google vs Chinaの闘いに戦争の好きなアメリカ政府が介入してきた。
このNYタイムズはOpinion(意見)なので、アメリカ一国民の意見ではある。
Googleは、世界を一周することができます。今日は、市民と”ネチズンている”との戦いでは、少なくとも、中国では人は勝つしてください。
この記事では、景色の半分が激しいクレーンでの高層ビルの建設・新しい高速道路建設は終わっている。
しかし、中国国家はグローバル化をしていない。
誰もここでは、中国、中国の人権活動家は、Gmailのアカウントに他のサイバー攻撃を受け、ハッキングしようとするとされて驚いたことができます。これは、支配的な雰囲気と一致している。 Googleは、お金のときに、中国は世界の成長の大部分の背後にある偉大な国家は本日ですが、そのアクションは、”言論の自由については、はるかに大きなグローバルな議論の中心部に行く”と言っている。

Googleの”もうたくさんだ!
私は中国は永遠のグローバル化に乗ることはないと思う、その開発の種牡馬とその本質:オープンシステムを拒否します。短期自体は販売している私の感覚は、中国政府である。 ”Googleの”もうたくさんだ!”は重要な議論を歓迎する挑発だ。

Gmailは強化された!
日本のGoogle公式ブログでは、何も明らかにしない。
アメリカのGoogleブログで公表されたことも殆ど日本では、発表されない!
突然のGmailの横に赤く”Gmail がより安全になりました”と HTTPSの使用を促しているだけでだす!

http://www.nytimes.com/

JUGEMテーマ:Google

Related posts