Google SEO対策 簡単に出来ること


Google SEO対策2010簡単に出来ること
今、僕がGoogle検索に対するSEO対策をブログ記事するのは、非常に勇気がいる。
前回の記事の質問に「サイトの滞在時間はどのようにGoogleは、察知するの?その対策は?」とあった。
それは、僕もGoogleに訊いてみたいが、テキストの量を判断するのでは?

google seo

Google検索イメージ検索
そんな不確定な話ではなく、Google検索では、イメージ検索した時に画像のイメージが他と異なると検索ヒット率が高いと言う調査結果もなる。
実際僕の他のブログでは、画像検索からブログに訪問したアクセス解析が約5%あった。
1日約3000pvだから捨てられた数字ではない。また、Twitterからのアクセスは、約20%となっている。しかし、ページ数があるブログは、かなり過去の記事の1PVだけで、全体の30%は占めている。ドメインの古いサイトは、Google検索に有利であり、ブログの場合は、記事数がSEOの一番の対策でもあるようだ。その点からもworldpressブログはかなり他のブログと比べると有利であると言って間違はない。
究極のフリーソフトは、WordPressブログ簡単設置方法!

Descriptionの重要性
Googleの検索上直接の評価の対象であるかは、定かではないが、タイトル・キーワード設定と言うのは、似たり寄ったりになると、このDescriptionの文章の力がアクセスを決めると言っても言い過ぎではない。METAタグのDescriptionは、大変需要なものになる。METAを設定出来ないブログサービスの場合は、キーワード回りの文章がGoogle検索では、Descriptionとして、表示される。キーワードとキーワードの間の文章がとても重要になってくる。
Twitter・FacebookのDescriptionは、プロフィールに当たる。

被リンクの重要性
Google検索・Yahoo!検索でもかなりの要素となる。しかし、被リンクと他人のサイトからのリンクになる。それには、ブログなどでは、コメントに自分のURLを貼り込む方法もあるが、リンクされやすいサイト・ブログとは、記事のなかにデータが表示されているものや専門的情報が多いサイトが比較的被リンクされやすい。ブログのトラックバックは、スパム化するとGoogle検索では、マイナス評価される。また、相互リンクサイトも同様らしい。
逆にコメントを誘発して、コメント欄からに今ミュケー初難をつけたり、Google Friend Connectno設置もショッシャールバーだけでなく、Worldpressなどのプラグインコメント欄の活用も悪すせを高める要因になる。
Free your blog comments from SEO and improve your SEO

TwitterやFacbookのリアル検索の利用
Googleリアル検索。つまりTwitterなどの”つぶやきに”対応した検索である。ネットビジネスやビジネス活用のためのソーシャル・メディアを利用していれば、それは、大切なSEO対策ツールとなる。であるならば、安易なID・ハンドルネームの設定は、愚かなソーシャル・メディア利用となる。例えば、TwitterのIDがネットビジネスで、ブログのタイトルがネットビジネスであれば、リアル検索は、TwitterのIDの次にそのブログを表示してくれる可能性が高くなる。

Googleブログ検索のSEO対策
現在もH1のタグにキーワードが設定されることが第一条件になる。このブログでは、タイトルに”ネットビジネス”と入れるのが一番効果が高い。しかし、最近のソーシャル・メディアの人気で記事自体の鮮度が劣るスピードが早い。記事を短くページ数を増やし、サプライズなタイトルを狙うのも面白い。又逆にはてななどのソーサシャル・ブックマークを多く獲得することによって、ブログ記事の寿命やアクセスUPをさせることも可能だ。そのためには、被リンクと同じようにデータや専門的な記事が必要になる。

WordPressのSEO対策
プラグインのALL In SEOパックを僕は使っている。そして、今試し始めたのは、DiggEHCOだ。この成果はまだ明らかではないが、Worldpressの場合は、ALL In SEOパックの設定を記事ごとに時々変更させるだけである。

WEB DEAMでは、3つのブログRSSから構成されている。WorldpressのSyndicatedのプラグインを使っている。しかし、SHREなどのボタンのプラグインがポストして認められない為、機能しない。会社内やグールプ同士のポストなら直接ブログ記事をダッシュボードから貼り込んだ方が、手間がないようにも思える。だだ、このブログのように他人にRSSを提供しているが、その場合は、Syndicatedを利用すると便利だ。特にアドセンスで稼ぐには、何もしなくても設置するれば稼げるブログになるわけだが、これらも情報商材では、利用しているようだ。実際、RSSを利用されたブログの方がGoogle検索でのページランクも高くなる。

    また、このブログにご意見・ご質問がある方は、サイドバーから質問やご意見を受け付けます。

Web design trends for 2010