Twitter活用のネットビジネス・モデル


Twitter活用のネットビジネス・モデル
Twitterでアフィリエイトやネットビジネスをしている人達を良く見かける。5年前の僕も同じようなことをしていた。でも僕は、企業に務めて副業的に行なっていた。考えてみれば、当時の方が簡単であった。そしてある種のブームもネットビジネスは追い風になったかも知れない。
僕と一緒にセミナーに参加した人は、モチベーションも高く情報商材のサイトを作るた。僕はリスト作りにフォーカスした。

僕は広告業の出身だからこの世界に入りやすかったのかも知れない。
人は、何かを購買しようした時に何かの心の動きがある。店に入る前からそのストリーは始まっている。
そして、店作り・定員の応対・・・そして、購買。

インターネットでものを買う人の動向は、ドのようなものだろうか?
ソーシャルメディア、Twitter・Facebookが全盛期に成っているなかのネットビジネス。ソーシメディアを活用したWEB2.0のWEBマーケィングが必要だ!

Aブログ(WEBサイト)→Twitter→Bブログ(サイト)→クローズ(販売サイト)
Twitter→Aブログ(WEBサイト)→Twitter→クローズ(販売サイト)
上記の流れがソーシャル・メディア活用のマーケティングフォローだ。

ソーシャ・メディアでのリストからブログに訪問する。
ブログからソーシャル・メディアのリストに入る。これだけの仕組みしかないとソーシャルメディアのマーケティングが不完全である。
まず、このブログに共感するか必要とだと感じそのブログのソーシャル・メディアに参加する。そのユーザーを次のステージに上げなければならない。
多くの例は、ブログからソーシャルメディアでもう一度、同じブログでサービスの提供や商品の販売を行う。これでは、リストがなくなる。
今、Google Friend Connectでソーシャル・バーをでは、参加者がメールで知らされる。
さらにNEWSレターデは、ブログのRSSがメールで送られてくる。つまり商品情報も情報である。情報にソーシャルメディアの参加者は群がる。
であれば、情報を提供できるブログと販売を目的にしたブログの区別をしっかりと区別するべきだ。

Twittterで何かを売ろうとするのは、とても安易で継続性のないネットビジネスになってしまう。
さらに販売目的のTweetなら更に敬遠されるTwitterになる。

19,800円で実際に販売していたダン・ケネディのマニュアル「ベスト・オブ・ダンケネディ」を無料で受け取り、【ザ・レスポンス】ゴールドメンバーをお試ししてもらうためのキャンペーンです。

Related posts