2010年でネットビジネスと言う言葉は死後になる。


2010年でネットビジネスと言う言葉は死後になる。
NET BUSINESSなんて言葉は、だいたい日本語であるのでは?英語のサイトでNET BUSINESなんて言葉のサイトはそんなにない。
英語では、ネットマーケテイングとなる。多くの人がネットビジネスなんて言葉を使っているが、コンテンツ販売のアフィリエイトやスパム機能のツールの販売なのでは僕は思う。

Twitter・Facebookでアフィリエイターは増えた。
Twitter・Facebookでアフィリエイターは増えた。そして、簡単に報酬を得ることが出来る。(全ページで紹介)この現実を見れば分かる。アフィリエイトもレビューで本当に自分で使用した感想を伝えたものには、購買者の反応も大きい。だが、商品も使ったことのないアフィリエイトでは、もう限界を感じなければ行けない。

商品のライフライトとネットビジネス
人気の商品・サービスにもライフラインがある。Twitter・Facebookにおいても同じである。人気が上昇した時・人気絶頂の時・人気が下降した時、この3つのライフライン上のポイントでそれぞれのビジネスが成立する。ネットビジネスでも同じである。例えば、アメリカの人気ドラマの人気が下降を始めた頃に日本で放映される。そして、更に後進国で・・・このような流れがライフラインにおけるネットビジネスの解説には妥当とは思えないが、流行りが始まり、それが廃れるまでに各ポイントでビジネスが成立する。

ネットマーケティングの海外の主流は
もちろん、海外でも多くのスパム的要素のツールの販売などは行われている。コンテンツビジネスも同様だ。しかし、多くがテクノロジーの裏付けされているビジネスが多い。ネットビジネスなんて言葉は、何故死語になるのか?それは、多くの人がネットビジネス=スパムと感じているからだ。いや僕は少なくともそう感じている。

ネットを利用したビジネス
アフィリエイトや情報商材のアフィリエイトなどよっているよりもOFF LINE上のビジネスをON LINEに載せることのビジネスは沢山ある。そこにもっと視点をおくべきである。フォーカスしなければいけないのは、何がON LINEされていない情報や商品であるかと言うことだ。今年は、Twitter本の多くが出版された。そして、人気を博した。これが、ネットを利用したビジネスのもっとも分かりやすい例ではないか?道に石が落ちていた。これをネットで紹介してビジネスとして、成立させる。マーケケティングを学ぶことが最速のネットビジネス成功法であると僕は信じている。

AMAZONで買えるダン・S・ケネディの著書。これで、あなたもマーケティングが身につく!
常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学
Twitterで食付きの多かった話題!(最近)
コンバージョン率をブログで高めるには?
TwitterとFacebookでみんなアフィリエイター!
Kindle、アマゾン史上最高のギフトアイテムに &電子ブックの売上、紙本を上回る

Related posts