Google SEO 200要素を考えるWEBマーケティング


今は、このブログの管理者である竹内徹は、機内の中か、ある国の国際空港の中にいるころです。私、AISのスタッフ田島が今回はこのページをお借りしました。

Google SEO 200要素-ネットビジネス
「Googleが200以上の要素からランクを決定している」・Googleのアルゴリズムに含まれる200全てのパラメータを見つけよう!ブログSEOモードを読んだ。現在確立しているであろうと言われているパラメータにあなたは、いったいどう対処するのでしょうか?ネットビジネスでGoogle検索 SEO対策を・・・?

下記にGoogleのアルゴリズムに含まれる要素の一部を羅列してみた。しかし、その要素はGoogle検索のページランクに評価される優先度も当然ある。ドメンの要素などは、どのようにしても時間(年月が必要か?中古ドメインで対処するしかないものもある。本ブログ竹内の持論では、Google SEO対策は、その大まかを把握して、Googleという企業を信じて誠意あるWEBマーケティングをすることが、ネットビジネスを行う上でのSEO対策であり、それ以上にネットビジネスを行う上で考慮しなければいけないことは、ソーシャルメディアによるリストマーケティングや売れる仕組みづくりではないではないか?

・・・少しだけ、この話を言い換えるならば、SEO対策など優秀なSEOコンサルタントでなけらば、理解しえない世界でしょう?そのことにフォーカスすることは、ネットビジネスを行う者にとっては、愚かな行為なのです。そんな時間やお金があるなら、どう売か?と言う部分にフォーカスするネットビジネスにおけるマーケティングにそれらを費やした方が、良いのではなか?と言うことのです。

そして、ここで忘れてはならない者が日本人を顧客にすると言うネットビジネスでは、世界まれなYahoo!シュアが高い日本の現状である。SEO対策は、どちらの検索エンジンに対応するのかは、マーケティング上検討されなければいけないとこではないでしょうか?ここで、Google検索・Yahoo!検索のSEO対策のバランスを取るという選択は、最も愚かな選択ではないでしょうか?本当にSEO対策って難しくですね!やはりPPCに依存する方が、簡単に効果を得られるのではないでしょうか?(これは、私個人の提案です)

Googleのパラメータ要素
ドメイン要素・サーバーサイド要素・設計要素・コンテンツ要素・内部横断的リンク(Internal Cross Linking)要素・ウェブサイト要素・ページの固有要素・キーワードの利用とキーワードの卓越性要素・発リンク要素・被リンク分析要素・個別の被リンク要素・訪問者の分析結果と行動要素・訪問者の分析結果と行動要素・その他の要素・・・これらは、Googleから当然発表されたものではなく、それらが、確実であることも僕には、判断出きない。しかし、僕のブレーンに尋ねると言葉わ違ってもGoogle検索 SEO対策に必要な要素であるようだ。この要素をさらに細かくリストUPしたものはこちらから

年末に読んでおきたい分かりやすいマーケテイングの書籍アマゾンで買う!
億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい
常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学
Google Analytics 完全解説
つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?

Related posts